6回2死まで無安打無失点という快投は素晴らしいです。これからの活躍が楽しみですね。

1
4/2(火) 4:38配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l
スポーツ報知
メジャーデビューを果たしたカ*・今永昇太投手(ロイター)

◆米大リーグ カ*―ロッキーズ(1日・米イリノイ州シカゴ=リグレーフィールド)

 カ*・今永昇太投手(30)が1日(日本時間2日)、本拠地・ロッキーズ戦で先発し、メジャーデビューした。鈴木誠也外野手(29)も「2番・指名打者」でスタメン出場。本拠地初登板となった今永は、6回2死まで無安打無失点投球を見せる快投を見せた。

【動画】鮮烈デビュー!今永昇太、メジャー最初の奪三振

 午後1時20分開始のデーゲームながら、試合開始時の気温が6度という寒さの中、毛布をかぶって観戦するファンもいるほどだったが、半袖でメジャーデビューのマウンドに上がった初回。先頭の通算215本塁打の*マンを中飛に打ち取ると、続くロジャーズはスプリットで空振り三振、ジョーンズもこの回最速94・2マイル(約151・6キロ)内角直球で遊飛に打ち取るたった12球の3者凡退という好発進を切った。

 2回はカ*で16年MVPに輝いた先頭のブライアントに三塁手強襲の当たり(記録は失策)で出塁を許して無死一塁。マクマーンにはファウルで粘られたが、13球目のスプリットで空振り三振を奪った。続くディアズは3球で三振に抑えて、声を張り上げ、トーバーも右飛に打ち取って走者を進めることはなかった。3回は、左飛、見逃し三振、中飛で3者凡退。味方の援護を待った。

 両軍無得点の4回は、2番からの好打順だったが、1死から3、4バンのジョーンズ、ブライアントをともに最後は直球で2者連続三振。5回も先頭のマクマーンから3球で空振り三振を奪うなど、2死からも三振を奪ってこの試合8個目の三振で3者凡退だった。6回は簡単に2アウトを奪ったが、2死走者なしから3度目の対戦になった

1番*マンに中前安打を許して、「ノーヒットノーラン」が止まった。それでも2死一、二塁から空振り三振を奪ってピンチを切り抜け、本塁は踏ませなかった。

 今永は、DeNAからポスティングシステムを行使。4年総額5300万ドル(約77億4000万円)で、25年か26年に球団側が選択権を行使すれば、5年総額8000万ドル(約116億8000万円=ともに契約時のレート)となる大型契約でカ*入り。開幕4戦目で、本拠地開幕戦となる一戦の先発を託された。オープン戦では4試合に登板。2勝2敗の防御率5・68で、徐々に調子を上げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3aca894cf0f1b5e490a2916502190e1289eda515




3
勝ち組がまさか今永だったとは

4
今永「ロッキーズに佐野いてワロタ」

8
>>5
5-0で勝ってるわw

6
現在、1勝ついてるのは今永昇太と松井裕樹だけ?

12
>>6
そう

9
勝ち星おめ

10
勝ち負け書いてないw

11
内容良かった
おめでとう

13
素晴らしい!おめでとうございます!

14
ドジャースも今永取れば
あそこはスカウトが駄目だわ