話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

スポーツニュース


イクイノックス無双のG1・6連勝、本当にスーパーホースですね。ルメール騎手の騎乗も素晴らしいです。

1
◆第43回ジャパンC・G1(11月26日、東京・芝2400メートル=良)

 外国勢1頭を含むG1馬8頭が集結した頂上決戦は、イクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎、父キタサン*)が単勝1番人気に応え、天皇賞・秋に続くG1レース6連勝を成し遂げた。テイエムオペラオー(2000年天皇賞・春~01年天皇賞・春)、ロードカナロア(12年スプリンターズS~13年香港スプリント)に続く史上3頭目。この2頭はいずれも6連勝の合間にG2の敗戦があり、G1のみ6戦全勝での達成は初となった。

 勝ち時計は2分21秒8。この勝利により、イクイノックスは今年から5億円に増額された優勝金を獲得。3月のドバイ・シーマクラシックの1着賞金約4億6000万円を含む生涯獲得賞金は22億円超えとなり、国内外G1・9勝のアーモンドアイ(19億1526万3900円)を抜いて歴代1位に浮上した。天皇賞・秋に続いて手綱を執ったクリストフ・ルメール騎手は今秋のG1・4勝目で、生産者ノーザンファームのG1連勝は12に伸びた。

 クリストフ・ルメール騎手(イクイノックス=1着)「この馬の走りは信じられません。ペースが速かったけど、直線はすぐに反応して、自分でもびっくりした。アクセレーション(加速)がすごかったです。1番枠にリバティアイランドがいての2番枠。タイトルホルダーとパンサラッサの後ろにつけたかったけど、イクイノックスはいいスタートを切りました。

※続きは以下ソースをご確認下さい


2023年11月26日(日) 16:10
netkeiba

https://dir.netkeiba.com/keiba/news/news_preview.html?no=248753

【【ジャパンC】G1・6連勝のイクイノックスに称賛の声!騎手はルメール】の続きを読む


森保ジャパンが世界ランキング13位に浮上したことに驚きました!彼らの強さがもはや言葉では表現できないほどです。これは本当に素晴らしい成果ですね。今後の試合もますます楽しみです!

1
【ランキング表】森保ジャパン13位に浮上! サッカー代表国「最新世界ランキングトップ30」

https://www.football-zone.net/archives/490345/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=490345_6

1 アルゼンチン 2138
2 フランス 2110
3 スペイン 2033
ポルトガル 2033
5 イングランド 2015
6 ブラジル 2012
7 ウルグアイ 2007
8 ベルギー 1990
9 コロンビア 1975
10 オランダ 1971
11 クロアチア 1952
12 イタリア 1938
13 日本 1904
14 ドイツ 1886
15 エクアドル 1883
16 ウクライナ 1850
17 モロッコ 1847
18 オーストリア 1835
19 ハンガリー 1834
20 イラン 1826
21 デンマーク 1825
22 セルビア 1802
23 スコットランド 1801
24 メキシコ 1799
25 韓国 1798
26 スイス 1792
27 オーストラリア 1783
28 アメリカ 1776
29 トルコ 1766
30パナマ 1766

※「Eloレーティングシステム」で算出(23年11月23日時点)




国際Aマッチ8連勝、「Eloレーティングシステム」で算出された世界ランクが上昇

森保一監督率いる日本代表(FIFAランク18位)は、2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦のシリア代表(同92位)戦で5-0と圧勝。国際Aマッチ8連勝を飾ったなか、統計的な推定に基づいたシステムによる世界ランキングでは13位に。中国メディアは「ドイツを抜いた」「強さを裏付ける」と熱視線を送っている。

 年内最後の国際Aマッチとなったシリア戦で、日本はMF久保建英らの得点で前半を3-0で折り返すと、後半にも2ゴールを積み重ね、5得点で快勝。中立地サウジアラビアで行われた中東でのアウェーゲームながら、力強いパフォーマンスで成す術なく敗れたシリアを一蹴してみせた。

 これで日本は6月のエルサルバドル戦(6-0)から歴代最多タイとなる国際Aマッチ8連勝となり「Eloレーティングシステム」で算出された世界ランキングでは13位に浮上。同システムは対戦型の競技において、相対評価で実力を表すために使われる指標の1つで、数学的裏付けのある最も著名なレーティングシステムとして知られる。

「Eloレーティングシステム」の世界ランクによると、日本は今年6月に行われたエルサルバドル戦後の19位から大幅にジャンプアップ。シリア戦までの約5か月間で記録した8連勝により6つ順位を上げる形となり、11月シリーズで2連敗を喫した14位の強豪ドイツを上回った。

 アジア最高位となる日本の順位に対して、中国メディア「sohu」は「男子サッカー日本代表がランキングでドイツを上回る! ドイツを抜き、世界13位にランクされた」と驚きを持って報道。「この成果は、最近の日本サッカーの優秀さを浮き彫りにしている。これは日本サッカーの強さを裏付けるだけでなく、国際舞台での強い競争力の証明でもある」と熱視線を送った。

11/24(金) 11:20 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/43d7dde2499e200bccb65d4970cf3d612be147e1

【【サッカーランキング】森保ジャパンがドイツを抜いて世界ランキング13位!】の続きを読む


バイクレースはファンにとっても大変魅力的なスポーツですが、安全な環境で楽しむためには選手や主催者、観客全員の責任が求められます。全ての関係者が安全第一で動くことが重要です。

1
19日午後3時5分ごろ、三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキット国際レーシングコースで開かれていたレース中、バイク4台が絡む事故があり、ライダーの大阪市鶴見区、オートバイ販売業、吉田和憲さん(54)が全身を強く打って死亡した。

鈴鹿署によると、事故があったのはコースの「ホームストレート」と呼ばれる直線部分。1台のバイクが転倒したところに、吉田さんなど後続車3台が突っ込んだ。他の3台に乗っていた選手は病院に搬送されたが、いずれも軽傷だという。

レースは「第59回NGKスパークプラグ杯2023鈴鹿サンデーロードレース」の最終戦。レースには45台のバイクが参加していた。【寺原多恵子】

毎日新聞 2023/11/19 20:24(最終更新 11/19 20:24)
https://mainichi.jp/articles/20231119/k00/00m/040/199000c

【【死亡事故】鈴鹿サーキット、バイクレース中に事故死】の続きを読む


金沢競馬場でのレース中に起きた照明消灯の事故について、本当にショッキングなニュースです。騎手の方々が落馬してしまい、2人が病院に搬送されたとのこと。競馬場の安全管理は徹底していると思っていましたが、このような事故が起きてしまうとは、今後の対策と再発防止が求められます。

1
19日午後5時頃、金沢市の金沢競馬場で、レース中にコース内の照明が一斉に消えた。出走中の騎手3人が落馬し、うち2人が市内の病院に搬送された。いずれも意識はあるという。

同競馬場を運営する県競馬事業局の発表によると、照明22基が、午後5時10分発走の第8レース中に消え、場内が真っ暗になった。全レース終了後に消灯するタイマーの設定時間が間違っていたことが原因という。

第8レースは不成立となり、原因確認のため、予定されていた残りの第9、10レースも実施を取りやめた。第8レース以降の3レース分は全額返金する。

照明は、年間を通じて日没後のレースを可能にするため同競馬場が今年新たに設置したもの。同事業局は「ファンや関係者にご迷惑をおかけしおわびする」としている。

読売新聞 2023/11/19 20:39

【【重大事故】金沢競馬場での照明一斉消灯事故により騎手3人が落馬、2人が病院搬送、1頭安楽死!】の続きを読む


青森で震度4が観測されたとのこと、地震の影響が心配です。気を付けてください。

1
NHKニュース
@nhk_news
【地震情報】
■震度4■青森三八上北
■震度3■渡島東部 胆振中東部 日高中部 日高東部 十勝中部 津軽北部 青森下北 岩手沿岸北部 岩手内陸北部(06:01)

午前6:04 · 2023年11月20日
https://twitter.com/nhk_news/status/1726345660616847387
https://twitter.com/thejimwatkins

【【地震】青森 震度4 発生!】の続きを読む


朝倉未来、YA-MAN戦は興奮しました。YA-MANの強さが朝倉未来を完全に上回っていました。

【【秒殺敗北】朝倉未来、YA-MANに瞬殺される】の続きを読む


この盛り上がりはすごいですね。38年間の長い待ち時間を経て、ついに阪神タイガースが日本一に輝いた瞬間。ファンの皆さんの喜びが溢れ、道頓堀川へのダイブシーンが一気にスポーツの歴史に刻まれました。

1
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6f2dfb70f5e5af9d2fb24db3731ada8d1dbe0a0


(出典 i.imgur.com)


阪神38年ぶり日本一で道頓堀川へダイブ 大阪府警1300人の“鉄壁”も…


 阪神の38年ぶりの日本一が懸かった日本シリーズ第7戦が5日、京セラドームで行われ、大阪・ミナミの道頓堀川に架かる戎橋付近では、王手をかけていた前日4日に続き、川へのダイブを警戒する大阪府警が厳戒警備を敷いた。この日も警察官約1300人を動員した。

 しかし、阪神が勝利し日本一を決め“鉄壁”も実らずダイブを許した。9回2死になると、上裸になった男性も見られた。

 日本一が決まると、ファンが次々と歓喜のダイブ。戎橋からダイブは阻止したが、飲食店が並び封鎖していなかった橋東側のリバーサイドウオークからのダイブは止められなかった。スクール水着や、カーネル・サンダースのコスプレをした男性もいた。

 大きな水しぶきが上がるたびに、沿道からは大歓声。ファンのダイブは止まらず、府警が警備艇を出動させる場面もあった。

【【歓喜】38年ぶり日本一!大阪府警1300人の鉄壁を突破し、ファンが次々と道頓堀川へダイブ!】の続きを読む


日本レコードを塗り替えるなんて、イクイノックスの力は凄いですね。次のレースも楽しみです。

1
◇G1天皇賞・秋(2023年10月29日 東京芝2000メートル)

 これが世界1位の貫禄だ。11頭立てながら豪華メンバーが集ったG1天皇賞・秋は、断然の1番人気イクイノックス(牡4=木村)が制し、国内外でのG1連勝を5に伸ばした。勝ち時計1分55秒2は衝撃の日本レコードだった。

 「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で世界1位に君臨。昨年のダービーで敗れたドウデュース(牡4=友道)との再戦で、リベンジを果たした。

 イクイノックスは父キタサン*、母シャトーブランシュ(母の父キングヘイロー)の血統で通算9戦7勝。重賞は6勝目となった。

 騎乗したルメールは先週の菊花賞に続く2週連続のJRA・G1勝利で、通算47勝目。木村師は同6勝目を挙げた。

 ▼天皇賞 1905年に創設された「エンペラーズカップ」が前身。37年以降は春と秋、年2回の開催に。芝3200メートル・4歳以上で定着していたが84年に秋は2000メートルに短縮、さらに87年から秋は3歳が出走可能となった。春は古馬ステイヤー日本一決定戦、秋は芝中距離王決定戦となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2a82a02eea61b474bef2ffa0259a143285b31ae

★1が立った時間 2023/10/29(日) 15:47:39.96

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698562059/

【【天皇賞秋】イクイノックス、衝撃の日本レコードで圧勝!】の続きを読む


オリックスの宮城投手が素晴らしいピッチングを見せてくれましたね。6回無失点は見事です。今回の勝利で1勝1敗となり、シリーズはさらに盛り上がりそうです。次の試合も楽しみです。

1
阪神     0 0 0  0 0 0  0 0 0|0 
オリックス. 0 0 1  3 0 0  3 1 X|8 

【バッテリー】
(阪)西勇、ビーズリー、岡留、島本、加治屋 - 坂本、長坂
(オ)宮城、宇田川、山﨑颯、小木田 - 森

【本塁打】
(阪)
(オ)
   
試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2023/ns2023102901.html
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2021014375/score

【【日本シリーズ第2戦】オリックス勝って1勝1敗に】の続きを読む


井上選手の試合が楽しみです!今までの戦績を見ても、彼のKO力には本当に驚かされます。タパレス選手も強敵ですが、井上選手の圧倒的なパワーに期待しています。

1
10/25(水) 15:46配信

WEBザテレビジョン
「WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパー・バンタム級王座統一戦 井上尚弥 vs マーロン・タパレス」の開催発表記者会見に出席した井上尚弥選手

WBC・WBO世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥選手が10月25日、横浜市内のホテルで次回の公式戦に関する発表会見に出席し、12月26日(火)に東京・有明アリーナにて、WBAスーパー・IBF世界スーパーバンタム級統一王者のマーロン・タパレス選手との4団体王座統一戦を行うことを発表した。

【写真】12月26日(火)にマーロン・タパレス選手との4団体王座統一戦に臨む井上尚弥選手

■残り2カ月で「完璧な状態に仕上げる」

井上選手は、2022年12月にバンタム級で4団体統一を果たした後、2023年1月に保持していた4団体のベルトを返上し、スーパーバンタム級へ転向。7月25日には、WBC・WBO世界同級統一王者のスティーブン・フルトン選手とタイトルマッチを行い、8回TKO勝利を収め、世界4階級制覇を達成した。

2階級での4団体統一を成し遂げたのは、テレンス・クロフォード選手が史上初。井上選手が次戦で勝利を果たせば、史上2人目となる。

井上選手は「2階級での4団体統一がかかるので、すごくでかい試合になります」と口にし、「バンタム級で4本のベルトを集めるのに4年7カ月かかりましたが、スーパーバンタム級では2023年内にクリアできそう。コロナ禍で失われた時間をハイスピードで取り返しています。感謝申し上げたい」と頭を下げた。

現在は、メキシコのパートナーとスパーリングを開始したと言い「いいモチベーションで、いいトレーニング内容を積めているなと思っています。残りの2カ月はさらに集中量を増して、完璧な状態に仕上げますので、皆さん期待して12月26日応援よろしくお願いします」と呼びかけた。


■「2階級4団体統一」成し遂げ「日本人がたどり着けない場所まで行きたい」

試合で注目してほしいところについては「2階級4団体統一がかかる試合でも、圧倒的な強さを見せつけて勝ちたいと思いますので、見ていただく方には、KO決着をお見せしたいなと思っています」と宣言した。

勝利すれば史上2人目の「2階級4団体統一」については、「2階級4団体統一は、日本だけではなく世界における偉業だと思っています。史上2人目の試合になるので、この先日本人がたどり着けない場所まで行きたい。結果を出したいと思います」と意気込んでいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/98f13aa244b45412aed977e315a5b8fd5e94bc14


(出典 thetv.jp)
?w=1284

【【4団体統一戦】井上尚弥、12月26日にマーロン・タパレスと「KO決着を見せたい」】の続きを読む


西川選手や山崎選手もソフトバンクのターゲットになっているということを知り、いよいよ来シーズンの戦力が気になります。特に西川選手は広島で活躍しており、彼の加入によってソフトバンクの外野陣が強化されることは間違いありません。野球ファンとしては、これからの動向が非常に楽しみです。

1
2023年10月17日 1時45分

◆2023 パーソルクライマックスシリーズ パ・ファーストステージ ロッテ4X―3ソフトバンク=延長10回=(16日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクが今オフのFA戦線で、西武・山川穂高内野手(31)、広島・西川龍馬外野手(28)、オリックス・山崎福也投手(31)の獲得調査を進めていることが16日、分かった。

 山川は自身の不祥事で公式戦の出場停止処分を受け、FA権取得日数まで17日を残すが「故障者特例措置」により権利を取得する見通し。ソフトバンクは近年、右の長距離砲が不在で最大の補強ポイントとなっている。今季も新助っ人の獲得やデスパイネをシーズン途中に復帰させたが、解決策に至らず。山川は現在、フェニックス・リーグに参加して試合に集中する意向を示しており、慎重に動向を注視していく。

 さらに、野手では西川もターゲットの一人。今季は109試合に出場し、打率3割5厘を残した好打者は打線の厚みを持たせる意味でもうってつけの存在だ。また、山崎福は今季23試合で11勝(5敗)、防御率3・25をマーク。チームは有原の10勝がトップで同2位は42歳の和田の8勝と先発投手、中でも左腕の駒不足は改善が急務となっている。

https://hochi.news/articles/20231016-OHT1T51289.html?page=1

【【ソフトバンク】FA獲得調査で山川穂高、西川龍馬、山崎福也の獲得を視野に!オフの動向が注目される!】の続きを読む


ドゥレッツァが菊花賞を制覇しましたね!最後の1冠を手に入れるなんて、ドゥレッツァの素晴らしさが伝わってきます。タスティエーラも健闘していたみたいで、G1勝利の夢もまだ捨ててない感じですね。これからのレースも楽しみです!

1
◇22日 第84回菊花賞(G1・京都・芝3000メートル)
 
ハナを奪って道中は好位で進めた4番人気のドゥレッツァは、直線でも脚いろが衰えることなく後続を引き離して1着。5連勝でクラシック最後の1冠を制した。クリストフ・ルメール騎手は2018年フィエールマン以来の同レース2勝目、尾関知人調教師は初勝利。
ダービー馬タスティエーラが2着、皐月賞馬ソールオリエンスが3着に入った。
https://www.chunichi.co.jp/article/793780
中日スポーツ

※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

JRA
https://www.jra.go.jp/

【【菊花賞】圧倒的な力強さ!ドゥレッツァが最後の1冠を手にする】の続きを読む

このページのトップヘ