爆弾低気圧って言葉が誤解を招いてしまっていたんですね。勉強になりました。

1
https://news.yahoo.co.jp/articles/c651860ffe7d2e2be5f8295f5936899961b9dfa5

SNSで見かける「爆弾低気圧」の認識、間違ってる? ウェザーニュースが誤認を注意喚起


 アプリやSNSで気象情報を発信するウェザーニュースが2月19日、公式Xアカウントで以下のように投稿しました。

「一部の頭痛アプリで爆弾マークが表示されることで『爆弾低気圧』の表現がSNS上で見られますが、気象報道で用いられる『爆弾低気圧』とは意味が異なりますので誤認にご注意ください」

 巷で使用されている爆弾低気圧と、気象用語としての爆弾低気圧は、異なるものだと呼びかけています。


頭痛の原因としてSNSで見かける「爆弾低気圧」

 気圧が急に下がるという意味合いで、SNSのほか日常的に使われている言葉「爆弾低気圧」。気圧が低下した際の頭痛や関節の痛み(天気痛)を受けて、SNSで体調不良を訴える投稿によく使われています。

 特に気圧の変化が激しい春先にはよく見かける言葉。Xのトレンド欄に「爆弾低気圧」があることも珍しくありません。

 実際、この記事を公開した2月19日の昼頃も、Xのトレンドに「爆弾低気圧」が上がっていました。


 一方で、ニュースや天気予報でもたまに聞くことがある「爆弾低気圧」。気象用語としてのそれは、もっと強い意味で使われているようです。

 ウェザーニュースのWebサイトの説明によると、以下のようになります。

「『爆弾低気圧』とは、英語のBomb cycloneを訳したもので、急速に発達する温帯低気圧のことを言います。低気圧は発達すれば気圧が下がるわけですが、その下がり方が 24hPa × sin(※記号:ファイ)/sin60° (ファイ:緯度 ) より大きくなるものをこのように呼んでいます。」(Webサイト・ウェザーニュースの「爆弾低気圧 知られざる暴風被害の歴史」から)

 この爆弾低気圧が発生すると、広範囲で暴風が吹き荒れる状況が予想されます。その影響で交通機関が乱れ、倒木や風に運ばれる飛来物の危険もあるため、外出は控えたほうが良いようです。

 一般的に使用される爆弾低気圧と同じく気圧が下がる点で共通していますが、その度合いがより激しいわけですね。頻繁には起こらないほどの気圧の低下と認識しておけば間違いないでしょう。

 すでに一般化している爆弾低気圧という言葉を、知人とのおしゃべりや普段のSNSへの投稿で使わないようにする必要はないと思います。しかし、時と場合によっては、その言葉が意味するものにアンテナを張った方が良いかもしれません。

 ちなみに、ウェザーニュースを運営する株式会社ウェザーニューズ創業のきっかけも、実は爆弾低気圧。1970年、福島県小名浜港に停泊していた貨物船が、爆弾低気圧による強風とうねりで転覆し15名が犠牲となった事故をきっかけに、ウェザーニューズ社は設立されました。

【ウェザーニュースが警告する!SNSで話題の「爆弾低気圧」の認識、もしかして間違えている?】の続きを読む