話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

ドジャース


大谷翔平、超特大144メートル弾…節目4年連続となる30号は吉田正尚も唖然の一発
…) MLB ドジャース―レッドソックス(ロサンゼルス)  ドジャースの大谷翔平選手はレッドソック戦に「1番・DH」で先発出場。5回の第3打席で4年連続…
(出典:中日スポーツ)


48本塁打6発ペースは本当に驚異的ですね。大谷翔平のパワーは他の選手とは比べ物にならないレベルです。これからも彼の活躍に目が離せません!

1

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


7/22(月) 9:31配信

スポーツ報知
ドジャース・大谷翔平投手(ロイター)

◆米大リーグ ドジャース―レッドソックス(21日、米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 ドジャース・大谷翔平投手(30)が21日(日本時間22日)、本拠地・レッドソックス戦に「1番・指名打者」でスタメン出場し、4試合ぶりの本塁打となる30号を放った。シーズン30発は4年連続4度目でリーグ1番乗り。シーズン48・6発ペースとなった。

 前半戦はリーグ単独トップを独走する29本塁打。16日(同17日)のオールスターでも日本人選手初となる柵越え本塁打を放ち、勢いを保っていた。史上初となるリーグを変えての2年連続本塁打王へ向けても順調に後半戦を滑り出した。

 本塁打キングを独走する30号。30本塁打はリーグ1番乗りで、両リーグ通じてもジャッジ(ヤンキース)に次いで2人目だ。チーム100試合目での30本塁打は、レギュラーシーズン162試合に換算すると、48・6発ペース。自己最多21年の46本、本塁打王になった23年44本を上回り、日本人初となる50本も見えるペースだ。

 前日終了時点で本塁打がリーグ単独トップ、打率が2位、打点が3位、盗塁が4位。三冠王、トリプルスリーも視野に捉えている。13日(同14日)に敵地・タイガース戦で放った29号は日本人初のメジャー通算200号だったが、シーズン30号も日本人初で最多の4年連続4度目。さらに、日米通算250号にも王手をかけた。

 ◇大谷の年度別本塁打数

 (日本ハム=48本)

 ▽13年 3本

 ▽14年 10本

 ▽15年 5本

 ▽16年 22本

 ▽17年 8本

 (エンゼルス=171本)

 ▽18年 22本

 ▽19年 18本

 ▽20年 7本

 ▽21年 46本

 ▽22年 34本

 ▽23年 44本

 (ドジャース=30本)

 ▽24年 30本

 ※NPB通算48本、MLB通算201本、日米通算249本

https://news.yahoo.co.jp/articles/18d5f3121bfea9c6936e58cdc60985435634f67c

【【ドジャース】大谷翔平、48.6発ペースで30号アーチ達成!】の続きを読む


4年連続30号も目前ということで、ますます期待が高まりますね!大谷翔平のプレーを見ていると、本当に感動します。

1
https://news.yahoo.co.jp/articles/dff428c316e55ba844d8a0d9b96eef254c0a8b4b

動画
https://x.com/MLB/status/1812189949430546630?t=i2NYRvzhjE1k6czJEAYOXA&s=19


大谷翔平が日本人初のメジャー通算200号達成! 6戦ぶり勝ち越し29号で4年連続30号にも王手

◆米大リーグ タイガース―ドジャース(13日、米ミシガン州デトロイト=コメリカパーク)

 ドジャース・大谷翔平投手(30)が13日(日本時間14日)、敵地・タイガース戦に「1番・指名打者」でスタメン出場し、6試合ぶりの本塁打となる29号ソロを放ち、日本人初のメジャー通算200号を達成した。

 2―2で同点の5回先頭の3打席目に、先発右腕・モンテロのチェンジアップを右翼ポール際へ運んだ。

 前日12日(同13日)の敵地・タイガース戦では、同点の9回2死一、三塁の5打席目に決勝打となる勝ち越しの適時二塁打。中堅フェンス手前でワンバウンドしてスタンドに入るエンタイトル二塁打で試合を決めた。

 確信歩きを見せたが本塁打にはならず5打数1安打だったが、貴重な一打で4連敗中だったチームを救い「連敗中なのでなかなかタフな試合が続いてましたし、何とか切って、まずいい流れを持ってくるというのが大事だと思うので。シリーズの初戦を取れたのがまず大きいなとは思います」とうなずいていた。この日も1打席目にいきなり右翼線へ三塁打。先取点となるホームを踏んだ。

 再び勢いに乗っていきたい。6月は12本塁打を放つなど絶好調が続いていたが、7月に入ってからは調子がやや下降。

 4、5日(同5、6日)には日米通じて自己ワーストの6打席連続三振を喫し、今季最長の15打席連続無安打もあったが、6日(同7日)に4試合ぶりの本塁打で、30歳初アーチとなる28号ダメ押しソロを放つと、その後5試合は本塁打がなかったが、その間4試合連続安打&4試合連続盗塁をマークするなど、離脱者が続出する苦しいチーム内でしっかりと仕事は果たしていた。

 本塁打キングを独走する29号。チーム96試合目での29本塁打は、レギュラーシーズン162試合に換算すると、48・9発ペースだ。

 自己最多21年の46本、本塁打王になった23年44本を上回り、日本人初となる50本にも手の届くペースとなっている。

 前日終了時点で本塁打がリーグトップで、打率が2位、打点と盗塁が3位。三冠王、トリプルスリーも視野に捉えている。これまでも多くの偉業を成し遂げた大谷だが、通過点とはいえ、米通算200本塁打という新たな勲章が加わった6月は月間MVPこそ逃したが、リーグトップの12本塁打、24打点。

 7月はややペースが落ちたが11戦で3発目となった。この試合を含めて、オールスター前の前半戦は2試合。前半戦最後のスパートをかけていく。


 日本人のメジャー通算本塁打数上位

(1)200 大谷翔平

(2)175 松井秀喜

(3)117 イチロー

(4)48  城島健司

(5)46  鈴木誠也

(6)44  井口資仁

(7)42  福留孝介

【【29号】6戦ぶりの勝ち越し29号!大谷翔平、4年連続30号へ王手!】の続きを読む


大谷翔平の成長が目覚ましいですね!30歳で初のアーチを放ち、さらに今シーズンは50本のペースでのホームラン数を誇示しています。これからも彼の活躍に期待したいです!

1
7/7(日) 10:44配信

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800
ABEMA TIMES
ドジャースの大谷翔平

【MLB】ドジャース - ブリュワーズ(7月6日・日本時間7日/ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手が「1番・DH」でブリュワーズ戦に先発出場。通算200号に王手となる4試合ぶり28号本塁打を放った。現地時間7月5日に30歳の誕生日を迎えてから初のヒットがホームランとなった。大谷は、直近23戦13発の量産態勢で、年間50本ペースとなり、ナ・リーグのホームランランキングトップを独走している。

【映像】大谷翔平の摩天楼ショット!対空時間なが~い26号ソロ

 6月に月間12本塁打、24打点という好成績を残した“ミスター・ジューン”こと大谷。今季はここまで86試合、340打数、106安打、64打点、27本塁打、17盗塁、打率.312、出塁率.394、長打率.626、OPS1.020の成績を残している。ナ・リーグにおいて打率は3位、本塁打はトップ、打点は6点差の3位と三冠王も視野に入ってきた。

 2日(日本時間3日)のダイヤモンドバックス戦で、今季27号本塁打を放ちMLB通算198本塁打に到達。日本人MLB選手として初となる200号の大台へ秒読み段階となったが、そこから3試合足踏みが続いていた。

 4試合ぶりとなった28号でMLB通算199号として200号に王手。さらにチーム90試合目での28号は年間50本ペースとなり、自己最多だった2021年の46本塁打を超える、初の50発超えにも期待がかかる。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f548aa068ca3da3a123d97b80485f7f93f5e2ae4

【【28号】大谷翔平4試合ぶり28号アーチ!】の続きを読む


500打点を達成した大谷翔平の記録は歴史に残るものとなりそうですね。これからも彼の活躍に目が離せないです。

1
7/3(水) 13:14配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

スポーツ報知
ドジャース・大谷翔平投手(AP)

◆米大リーグ ドジャース―ダイヤモンドバックス(2日、米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

【写真】試合前、大谷翔平&山本由伸が会見 野球殿堂博物館にバット&グラブ寄贈

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が2日(日本時間3日)、7月初戦の本拠地・ダイヤモンドバックス戦に「1番・指名打者」でスタメン出場し、1点を追う7回無死一塁の4打席目に27号逆転2ランを放ち、日本人選手では3人目となるメジャー通算500打点も達成した。

 1打席目に左翼への二塁打、3打席目に中前安打を放ち、マルチ安打をマークして迎えた1点を追う7回無死一塁の4打席目。3番手右腕・マルティネスの2球目の89・7マイル(約144・4キロ)を振り抜くと、右翼手は一歩も動くことが出来なかった。打球速度112・0マイル(約180・2キロ)、打球角度37度で高々上がった打球は飛距離433フィート(約132メートル)で右中間席に飛び込んだ。打球の行方を確認すると「カモーン!」と叫んだ。その後本拠地では「MVP!」のコールが巻き起こった。

 6月29日(同30日)の敵地・ジャイアンツ戦で中堅へ26号ソロを放った大谷だったが、30日(同7月1日)の同カードでは5打数無安打。5試合ぶりに安打が出ず、15試合ぶりに出塁なしに終わり、1試合3三振は21試合ぶりだった。それでも1日の休養日を挟んで、再び本拠地で快音を響かせた。

 6月は26試合に出場して99打数29安打の打率2割9分3厘、12本塁打、24打点の好成績を残し、月間MVPの有力候補。6月に月間MVPに輝いた21、23年はいずれも7月も月間MVPで、シーズンのMVPも受賞しており、今季も7月初戦からアーチを描き、6月の勢いがまだまだ続いている。

 日本人ではイチロー(780)、松井秀(760)に次ぐ3人目のメジャー通算500打点も達成。チーム86試合目での27号は、レギュラーシーズン162試合に換算すると50・9発ペースだ。21年の自己最多46本、本塁打王に輝いた23年の44本を上回り、日本人初の50発も超えるペースだ。

 この日は「Japanese Heritage Night」(日本文化ナイター)として行われ、試合前から球場外では太鼓演奏が行われ、始球式にもミュージシャンの「MIYAVI」が登場して捕手役の山本由伸投手(25)にノーバウンド投球を見せた。さらに大谷がアーチを描いて花を添えた。

 毎年6月に調子を上げる要因を「シーズンに慣れてくるのもそうですし、シーズンの中でいいところ、悪いところ、いろいろ改善しながらちょうどそういう波が来やすいのかなとは思う」と分析し、「まずは継続はしたいですし、これをしっかり最後まで、シーズンの後も見据えてしっかりと継続できればいいのかなと思います」と話していた大谷。暑さも増す7月に入ったが、勢いはどこまで続いていくのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46f82465319a368f1390e2a47e54060633890c59

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1719980736/l50

【【27号】大谷翔平、キング独走27号逆転2ラン!米通算500打点達成!】の続きを読む


ホームラン争いも面白いですね!大谷がどこまで記録を伸ばしていくのか楽しみです。

1
6/27(木) 9:11配信



(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800


TBS NEWS DIG Powered by JNN
ドジャース・大谷翔平選手

■MLB ホワイトソックスードジャース(日本時間27日、イリノイ州シカゴ、ギャランティード・レート・フィールド)

ドジャースの大谷翔平(29)が27日(日本時間)、敵地でのホワイトソックス戦で「1番・DH」で先発出場し、1回の第1打席にホワイトソックス先発、E.フェッディ(31)からメジャー通算9度目の先頭打者アーチ。2試合連続の25号本塁打を放った。連続試合打点は日本選手最長、球団新記録となる「10」に伸ばした。本塁打王争いでリーグ単独トップに立つ大谷は、2位のブレー*・M.オズーナ(33)と4本差に。

ホワイトソックスの先発はフェッディ、昨季は韓国リーグで投手三冠(最多勝、最優秀防御率、奪三振)を獲得、リーグMVPにも輝いた。大谷とは2022年に対戦があり、2打数無安打。

1回の第1打席、甘く入ってきたボールを逃さず、完璧に捉えると打球は軽々とスタンドへ。メジャー通算9度目の2試合連続となる先頭打者アーチ、キング独走の25号ホームランを放った。そして、今季100安打をマークした。

直近9試合では34打数15安打で打率.441、7本塁打、16打点と絶好調をキープしている。チーム82試合目での25号はシーズン49.3本ペース。6月を得意とする大谷は今月11本目で、直近10戦で8発と量産態勢に。節目の記録としては日米通算250号まで残り6本、メジャー通算200号まで残り4本とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9331e3cad84771461864165ec5ec3a5d4d477ff9

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1719454307/l50

【【25号連日HR】大谷翔平、シーズン49.3本ペースで全米を驚かせる!】の続きを読む


24号先頭弾や決勝打、さらに打点までトップまで4差という素晴らしい活躍は、選手としての能力の高さを改めて感じさせられます。

1
6/26(水) 12:01配信

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=637&exp=10800
デイリースポーツ
 3回、同点2ランを放ったフリーマンを笑顔で出迎える大谷(ロサンゼルス・ドジャース提供)

 「ホワイトソックス3-4ドジャース」(25日、シカゴ)

 ドジャースの大谷翔平選手は2試合ぶりの24号先頭打者アーチ、勝ち越し適時打と3打数2安打2打点1四球の活躍。チームは逆転で3連勝となり、50勝に到達した。

【動画】大谷が初回24号先頭打者弾のち珍場面 コーチに確認し一塁ベース踏み直した(笑)

 いきなり初回先頭の第1打席で見せた。追い込まれながらもゆるいカーブを右手一本ですくい上げると、バットを持ったまま一塁へ。しかめっ面で打球を見つめたためか、バットを持ったまま一塁ベースを踏み忘れるシーンがあった。スタンドインを確認すると、すでに一、二塁間の半分まで到達していたが、戻ってベースを踏み直し、ダイヤモンドを一周した。

 さらに三回先頭の第2打席ではフルカウントからブーイングを浴びせられながらも冷静にアウトローの直球を見極めての四球。1死後、フリーマンの同点2ランでホームへ生還。口で両手の手袋を鮮やかに抜き取り、満面の笑みでフリーマンを出迎えタッチをかわした。

 第3打席では内角低めの変化球を豪快に振り抜き、強烈なゴロで一、二塁間を破る勝ち越し適時打。第1打席、第2打席と早いカウントの変化球には目もくれなかったが、この打席では一転、初球から仕掛けていった。相手の配球をしっかりと把握し、考えて打った価値ある一打だ。

 これで大谷はすでにトップに立っていた打率(・320)、本塁打部門(24本)に合わせ、打点でも60打点に到達し、オズナ(ブレー*)、ボーム(フィリーズ)と4打点差。三冠王を射程圏に捉えている。第4打席、第5打席と連続三振に仕留められる珍しいシーンもあったが、

 ドジャースは先発のミラーが初回、1死も奪えず3失点を喫して逆転を許した。二回以降も立ち直る気配が見えず、ロバーツ監督は2回3失点での降板を決断。早々とブルペン勝負に入ったが、6人のリリーフ陣が無失点でしっかりとバトンをつないだ。

 チームは3連勝で50勝に到達。貯金「19」は今季最多となった。ナ・リーグでは東地区でフィリーズが52勝をマークしているが、プレーオフ争いを考えても大きな3連勝となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/384ac558f84820b06264449750891878e6bbd432

【【24号!】大谷翔平、三冠王も射程圏!打点トップまで4差!】の続きを読む


7試合で6本塁打とは、まさに凄まじいペースですね。年間で47本塁打ペースという数字を聞くと、ますます期待が高まります。

1
6/23(日) 11:46配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

Full-Count
本拠地・エンゼルス戦に「1番・指名打者」で出場、第1打席で23号
エンゼルス戦に出場したドジャース・大谷翔平【写真:荒川祐史】

【MLB】ドジャース ー エンゼルス(日本時間23日・ロサンゼルス)

 ドジャース・大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのエンゼルス戦に「1番・指名打者」で先発出場し、3試合連続の23号本塁打を放った。リーグ2位のマルセル・オズナ外野手(ブレー*)がこの日、21号を放ったが、再び2本差とした。

【実際の映像】打った瞬間の140m特大弾 大谷翔平の衝撃23号に本拠地熱狂

 大谷のバットが止まらない。古巣エンゼルス相手に2夜連続で一発を見舞った。3試合連続弾は今季2度目。豪快弾に本拠地は大歓声に包まれた。

 エンゼルスとの初めての公式戦となった前日21日(同22日)の同カードでは22号2ラン。飛距離455フィート(約138.7メートル)、打球速度113.1マイル(約182キロ)の打った瞬間弾だった。2安打2打点で打率を.322とし、リーグトップに浮上。本塁打&打点の他、長打率.628、OPS1.026、60得点、187塁打、45長打、ISO.305も1位でリーグ8冠となっていた。

 今月9本目で、直近7戦6発と量産態勢に入り、シーズン47発ペースとなった。自己最多は2021年の46本。異なるリーグでの2年連続本塁打王、自己記録更新、視界は大きく開けてきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/631193e7214360846b17769015ced988d305a4c3

【【23号動画あり】大谷翔平、古巣エ軍戦で2戦連発!3試合連続の23号ホームラン】の続きを読む


シーズン45本のホームランペースってすごいですね。大谷翔平は本当に日本を代表する選手だと思います。

1
6/22(土) 12:32配信

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=494&exp=10800
日刊スポーツ
ドジャース大谷翔平

<ドジャース-エンゼルス>◇21日(日本時間22日)◇ドジャースタジアム
 ドジャース大谷翔平投手(29)が、古巣エンゼルスを相手に22号本塁打を放った。本拠地ドジャースタジアムでのエンゼルス戦に「1番DH」で出場。5回の第3打席でバックスクリーン右へ、2試合連続の22号先制2ランを放った。
 昨年まで6年間所属した古巣との初対戦で、恩返しの1発を放った。19日には「そこはもちろん楽しみにしてますし。(チームの)成績はちょっとわからないですけど。例えばオハピーが調子いいなとか、そういうのは野球を見てれば流れてくるものではあるので。そういうのは多少知ってはいます」と話していた。たくさんの元チームメートに、元気な姿を届けた。
 これで本塁打を打った球団は28球団目。残りはカージナルス、フィリーズの2球団となった。フィリーズは7月9~11日、8月5~7日に対戦する予定。カージナルスとは8月16~18日に対戦する。

 6月に入ってから8本目のアーチをかけた。前日にはナ・リーグ単独トップに立っていた。6月は毎年好調で、月別ではこの日の1発を含め最多51発となった(2番目に多い5月は34発)。46本塁打を放った21年は6月に月間13本、44本塁打の昨季は月間15本をマークしていた。
 チーム78試合目で22本は、シーズン45本ペース。21年の自己最多46本に次いで、本塁打王に輝いた昨年の44本を1本上回るペースとなっている。
 ◆大谷の年度別本塁打
 18年=22本
 19年=18本
 20年=7本
 21年=46本
 22年=34本
 23年=44本

https://news.yahoo.co.jp/articles/21cbdae2e951df15a6bcb69985bc873d27fd5017

【【22号!】2戦連発の大谷翔平、シーズン45本ペースの活躍を見せる!】の続きを読む


大谷翔平の成長に感動するばかりです。大リーグでの活躍が目覚ましいですね。

1
6/19(水) 11:01配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800
中日スポーツ
大谷翔平(AP)

◇18日(日本時間19日) ロッキーズードジャース(デンバー)

 ドジャースの大谷翔平選手が「1番・DH」で出場。2試合ぶりの20号を記録した。大リーグでは4年連続、通算5度目の20号到達。前日は今季2度目の1番に入って6月初の3安打。ベッツが死球を受けて骨折し、離脱した影響で2試合連続の1番となった中、あっさりと大台に到達し、本塁打数はオズナ(ブレー*)と並んでリーグトップに浮上した。

 ドジャースの先発ビューラーが1回から4点を失うなど、大量失点していた2-7での6回先頭での第3打席、ロッキーズの先発左腕ゴンバーから中越えにソロ本塁打を放った。ゴンバーは試合前まで今季1勝4敗、防御率4.26。大谷との対戦成績は8打数3安打、打率3割7分5厘、1本塁打、3打点。前回6月2日の対戦は2打数無安打だった。大谷は3回1死三塁での第2打席で一ゴロの間に三塁走者が生還し、3試合連続の打点を記録していた。

 大谷は試合前まで71試合に出場し、283打数89安打、打率3割1分4厘、19本塁打、47打点の成績をマーク。ナ・リーグの本塁打争いでは、オズナに1本差の2位につけている。前日に今季16個目の盗塁をマークし、日本選手では、松井稼頭央に並ぶ歴代2位タイの102盗塁を記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f145334589e4191c8d5a96857f55abcc7f6de063

【【20号トップタイ】大谷翔平、大リーグ通算5度目の20号ホームラン!】の続きを読む


大谷翔平の驚異的な成績には本当に驚かされます。彼のスイングは見ているだけで魅了されますね。

1
6/17(月) 6:27配信

デイリースポーツ
 「ドジャースーロイヤルズ」(16日、ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平選手が「2番・指名打者」で出場し、2打席連続18、19号を放った。両軍無得点の三回に4戦ぶり中越えソロで先制点をたたき出すと、続く六回の打席でも右翼席中段へ圧巻の122メートル弾。5月5日のブレー*戦以来、今季2度目、通算18度目のマルチ本塁打となった。直近11戦5発の量産モードで年間42発ペース。ナ・リーグ最多のマルセル・オズナ外野手(ブレー*)と1差に迫った。

 この日の大谷はロイヤルズの先発シンガーに対し、初回の打席はフルカウントから内角ツーシームを見極めて四球で出塁。三回の打席はカウント2―1からやや低めのツーシームをセンター左へ。打球速度184キロ、飛距離137メートルの豪快アーチ。ホーム生還後はベンチの前で同僚T・ヘルナンデスから恒例の儀式、ひまわりの種シャワーを浴びて笑顔を見せた。

 6月に強く、エンゼルスでプレーした昨季は球団新記録となる月間15本塁打をマーク。しかし、今季は13試合で打率・216(51打数11安打)、3本塁打、6打点、OPS・722とやや苦しんでいた。

 チームは試合前に前日の試合で右上腕三頭筋の張りのため2回緊急降板の山本由伸投手と、同投手の降板を受けてスクランブル発進した後、広背筋の張りを訴えたマイケル・グローブ投手が負傷者リスト入りしたと発表。大谷が花火2連発でベンチに漂う暗雲を払しょくした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4476898a710a1810644d0a4da65cd4731c729032

【大谷翔平、2打席連発で18号・19号ホームラン!量産モード継続中!】の続きを読む


大谷翔平のパワーは凄まじいですね!レンジャーズ相手に2戦連続のホームランは圧巻です。今後も期待が高まりますね。

1
6/13(木) 11:24配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
スポーツ報知
大谷翔平(AP)

◆米大リーグ ドジャース―レンジャーズ(12日、米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が12日(日本時間13日)、12連戦2戦目となる本拠地・レンジャーズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場し、2試合連続本塁打となる17号を放った。

 大谷の勢いが加速してきた。前日11日(同12日)には6回1死一塁の4打席目に、1イニング4本塁打の口火を切る16号2ラン。5日(同6日)の敵地・パイレーツ戦以来5試合ぶりのアーチは、打球速度114・2マイル(約183・8キロ)、打球角度23度、飛距離433フィート(約132メートル)という会心の当たりで、大谷も「甘い球を最後、しっかりといい形で打てた」、「いい感触だったと思う」とうなずいていた。

 2試合連続本塁打は、3戦連発も含むと今季4度目だが、2日連続アーチは、5月4~6日(同5~7日)に3日連続本塁打を放って以来今季2度目だ。5月中旬以降はホームランのペースがやや落ちてきたが、復調の兆しが見えてきた。

 レンジャーズ戦は、エンゼルスでプレーした昨季まで同じア・リーグ西地区に所属していたこともあって、対戦球団別では最多の21発目。移籍して今季は3試合しかない“お得意様”から2試合で2本塁打を放って見せた。さらに6月は21、23年に月間MVPを受賞。昨季は月間15発と量産した得意の季節だ。今季は6月3発目だが、2戦連発で量産体制に入ってきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45eb369f773ee3714b8574011a9e65a030054345

【【17号】大谷翔平がレンジャーズ戦で連発!6月も期待の量産体制】の続きを読む


68試合で16本のホームランは驚異的ですね。大谷翔平のパワーには本当に脱帽です。どんな記録を打ち立てるか、ますます目が離せません。

1
<交流戦:ドジャース-レンジャーズ>◇11日(日本時間12日)◇ドジャースタジアム
 ドジャース大谷翔平投手(29)が、5試合ぶりの16号本塁打を放った。
 本拠地ドジャースタジアムでのレンジャーズ戦に「2番DH」で出場。6回の第4打席で右中間へ、16号2ランを放った。
 6月は毎年好調で、月別ではこの日の1発を含め最多45発を記録している(2番目に多い5月は34発)が、今年は6月に入ってから9試合で2本目。46本塁打を放った21年は月間13本、44本塁打の昨季は月間15本をマークしていた。
 レンジャーズ戦の本塁打は、エンゼルス時代の23年8月16日にグレイから打って以来、通算20本目。通算20本打った相手球団はレンジャーズが初めて。ドジャースタジアムでの本塁打は通算10本目。2桁に乗せた球場はエンゼルスタジアムに次いで2球場目。
 チーム68試合目で16本はシーズン38本ペース。21年の自己最多46本、本塁打王に輝いた昨年の44本に次ぐペースとなっている。

全文はソースで 最終更新:6/12(水) 12:51
https://news.yahoo.co.jp/articles/479fa3236a25688445fc74e188eb8539f7ddcb20

【【16号】大谷翔平、5試合ぶりのホームラン!シーズン38発ペースで16号をマーク】の続きを読む

このページのトップヘ