話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

ピットブル


栃木市周辺の方々、目撃情報があれば速やかに警察や保健所に通報してください。飼い主さんが心配でたまりません。

1
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
 栃木署は9日、8日午後8時半ごろに栃木県栃木市藤岡町赤麻でアメリカンピットブルテリアの飼い犬2匹が行方不明となったと発表した。飼い主の男性(47)が翌9日午前、同署に届け出た。

 同署によると、飼い主が乗用車に2匹を乗せ、同所の藤岡渡良瀬運動公園テニスコート近くを走行していたところ、2匹とも車外に出ていなくなった。雄雌1匹ずつで、いずれも体色は茶色で体長は約70センチ。雄は黒色の首輪で体重約32キロ、雌は黄色の首輪で体重約25キロという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4d40fa16c68e15597367cc0605374916f49c059

【【危険犬種】栃木市で2匹のピットブルが行方不明!】の続きを読む


普段からピットブルという危険な犬種に関する知識や対策を持っているのが、このような緊急事態で役立ったのでしょう。彼女の行動はただの勇敢さだけではなく、備えあれば憂いなしということを改めて教えてくれるものでもあります。

1
 2023年10月、うるま市でピットブルに追われていた高齢の男性を救ったとして警察は、本島中部に住む20代の女性に感謝状を贈りました。

 2023年11月28日、うるま警察署から感謝状を受け取ったのは本島中部に住む比嘉亜沙美さん(25)です。

 比嘉さんは2023年11月24日午後5時半ごろうるま市の市道で小型犬の散歩をしていた高齢の男性が飼い主の預かり先から逃げ出していた体長およそ1.3mのピットブルに追いかけられているところに遭遇しました。

 興奮状態にあったピットブルを比嘉さんは、自身が持っていたタオルを首輪に通して簡易的なリードをつくり男性らから引き離して確保したということです。

 贈呈式で濱田哲男署長は「比嘉さんが日頃から高い防犯意識を持っていたからこその勇気ある行動」と感謝を伝えました。

 比嘉亜沙美さんは「(ピットブルに噛まれたら)おじいちゃんはけがするだろうし、小型犬は*じゃうだろうし、ピットブルは悪くないのに殺処分や保健所に送られることのほうが怖かった」と述べました。

 また比嘉さんは、「大切な愛犬が悪者になることのないよう犬の飼い方や環境を考えるきっかけにしてほしい」と話していました。

琉球朝日放送 2023年11月28日
https://www.qab.co.jp/news/20231128194034.html

(出典 www.qab.co.jp)

【【勇者】ピットブルの襲撃から救われた高齢男性、25歳女性の勇敢な行動に感謝状!】の続きを読む


恐ろしい事件現場!闘犬ピットブルに襲われた男性の悲劇


ピットブル アメリカン・ピットブル・テリア - ペットや闘犬に用いられる犬種 パトリシオ・ピットブル - ブラジルの総合格闘家 パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ - ブラジルの総合格闘家 ピットブル (プロレスラー) - アメリカのプロレスラー ピットブル (ラッパー) - アメリカの歌手…
573バイト (117 語) - 2020年9月19日 (土) 14:44


この事件は、飼い主の責任が大きいことを再認識させられました。犬も動物であり、本来の本能に従って行動することがあります。飼い主はその本能について理解し、対処することが必要だと思います。また、周囲に危険を及ぼさないように、犬を適切に管理することも重要です。

イギリス2022年8月、闘犬だったアメリカン・ピット・ブル・テリアを改良して作出された「アメリカンブリーXL」を散歩中だった男性が、公園で襲われ死亡した。このたびポーツマス裁判所で死因審問が行われ、事故の詳細が明らかになった。英ネットメディア『The Mirror』などが伝えた。

英ハンプシャー南東部フェアラムにある公園で昨年8月10日イアン・サイムさん(Ian Symes、34)が、友人が所有する「アメリカンブリーXL」の“コング(Kong)”に襲われ、頸部の怪我が致命傷となり死亡した。

アメリカンブリー」とは闘犬だったアメリカン・ピット・ブル・テリアピットブル)を様々なブルドッグ種らと交配させ、家庭犬用に穏やかな性格に改良した犬種で、筋肉質で力強い体つきが特徴だ。改良が始まったのは1980年代と歴史は浅く、アメリカンブリー・ケネル・クラブ(ABKC)によると、「アメリカンブリーXL」はオスの体高が51~57センチ、メスが48~54センチの個体を指すという。

イアンさんは身長177.8センチ、体重50キロと細身だったが、コングは体重52キロでイアンさんよりも重く、後ろ足で立つと人の顔の高さに達するほど大きな犬だった。ただイアンさんは以前、ロットワイラーを飼っていたことがあり大型犬には慣れていたそうで、事故があった当日は、隣人で友人のカラムジョーンズさん(Callum Jones)に頼まれ、ポール・ケルティーさん(Paul Keltie)と一緒にコングの世話を引き受けた。

しかしカラムさんがコングを購入したのは事故が起きる前日で、写真共有アプリスナップチャット」を通して約10万6千円(650ポンド)を支払ったものの、マイクロチップの情報やワクチン接種証明書などを記載した書類でさえ受け取っていなかった。また購入先は一定の居住地を持たない移動民族「トラベラーズ」と呼ばれる人で、引き取りに行った際、コングは狭いケージに閉じ込められていたそうだ。

カラムさんはコングの第一印象を「穏やかで優しそうな犬だった。ただ想像していたよりも大きく驚いた」と話しており、2人に預ける前に「力が強い犬なので一人では散歩に行かないように」と警告していたという。

このたび行われた死因審問では、警察の依頼を受けてコングの観察を行った犬の行動専門家キャンディ・ディーサ氏(Candy d’Sa)が、事故当日のイアンさんの様子について次のように語っていた。

「発見当時、イアンさんのそばにはタオルが落ちていた。このことからイアンさんは、コングに布を噛ませて引っ張るという危険な遊びをしていたのではないか。そうして次第に遊びがエスカレートし、コングの生まれながらに持っていた攻撃的な闘犬の本能にスイッチが入ったと推測する。」

「コングはイアンさんの首と胴体に何度も噛みつき、声帯を押し潰し、首の主要な4つの血管全てに穴を開け、脊柱にもひどい損傷を与えていた。」

なおコングはすでに安楽死処置されているが、ディーサ氏は「事故の後、実際にコングに口輪と鎖をつけて遊んでみたところ、攻撃的になるまでさほど時間がかからなかった」と述べ、次のように警告した。

アメリカンブリーXLは、イギリスアメリカン・ピット・ブル・テリアの飼育が禁止された後に家庭犬として登場し、今では論争の的になっている。アメリカンブリーXLはアメリカン・ピット・ブル・テリアよりも大きく強く、狩猟犬として他の動物を殺す本能を持ち、マスティフ種のように強靭な顎がある。イギリスでは昨年、10人が犬に命を奪われ、そのうちイアンさんを含む5人はアメリカンブリーXLの攻撃を受けていた。」

ちなみにカラムさんは事故が起きた日の午前10時20分頃、公園で重傷を負い倒れているイアンさんを発見、「彼のそばにいたコングは血を舐めていた。それで恐ろしくなり助けを求め叫んだ。ただコングは落ち着いていて、攻撃的な様子は見られなかった」と述べていた。当時20歳だったカラムさんは事故の後、「犬を管理できずに怪我を負わせ、その結果イアンさんを死に追いやった」として逮捕されたものの、後に釈放されている。

イギリスでは、1991年の危険犬種法により、ピット・ブル・テリア、土佐犬、ドゴ・アルヘンティーノ、フィラ・ブラジレイロの4種の所有、繁殖、販売などが禁止されているが、「アメリカンブリーXLを禁止すべき」「繁殖や販売には規制を設けるべき」といった声が多数あがっているようだ。

画像は『The Mirror 2023年4月7日付「Dog walker mauled to death by 8-stonesuper breed’ that crushed his neck with jaws」(Image: Facebook)(Image: David Clarke/Solent News)』『The Irish Sun 2023年4月6日付「DOG ATTACK Man died when 52kg XL Bully ‘crushed his voice box’ in horror attack after beast bought from travellers on Snapchat」(Credit: Alamy)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

【恐ろしい事件現場!闘犬ピットブルに襲われた男性の悲劇】の続きを読む

このページのトップヘ