話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

千葉


奈倉のような声を上げて鳴くキョンの繁殖が止まらない状況になってしまいましたね。どうやって制御するかが課題ですね。

1
千葉・房総半島で「キョン」が大繁殖、北上して茨城県に迫る 「防衛ライン」で阻止できるか

https://news.yahoo.co.jp/articles/d357ab534c5b079cb51aad19c53c0e5c76a17297

「ギャー」と悲鳴のような不気味な声で鳴き、農作物の食害などが問題になっているシカ科の特定外来生物「キョン」が、房総半島を北上している。繁殖力が強いために、駆除に取り組む自治体も拡大を止めきれない状況で、すでに利根川を越えた茨城県内でも見つかっている。地元の猟師らは駆除したキョンの有効活用方法を提案して、キョンの阻止を訴えている。

【写真】千葉県で大繁殖、茨城県にも迫る外来生物はこちら

*   *   *

「この地域には、キョンがいっぱいいる。人間より出合うんだから」

 太平洋に面した千葉県いすみ市。地元の石川雄揮さん(46)に連れられていった竹林で、体長70センチほどのキョンがうずくまっていた。脚には、くくりわなに使った細いワイヤが巻きついていた。

 キョンは日本のシカより小型で、中国東南部や台湾に生息する野生動物だ。本来は日本には生息していないが、勝浦市内にあったレジャー施設「行川(なめがわ)アイランド」(2001年に閉園)」で飼われていたものが逃げ出し、1960~80年代に房総半島に定着したとされている。

 その後、生息域が拡大し、県は2000年に「県イノシシ・キョン管理対策基本方針」を策定。地元自治体が駆除に取り組んできたが、生息頭数や分布域の拡大は止まらなかった。県の推計によると、06年度は約1万頭だったが、22年度には約7万頭に。同年度の農作物被害は約3億円にのぼっている。

 生態系や農業被害の拡大を受け、環境省は05年にキョンを特定外来生物に指定している。

【【危機】千葉で大繁殖中のキョンが茨城に迫る ギャーという迷惑な声で鳴く】の続きを読む


千葉県の地震が相次いでいるので、みなさん不安になっているんですね。飲料水や非常食の買いだめは、防災意識が高まっている証拠ですね。みんなで備えをしっかりしておくことが大切ですね。

1
sssp://img.5ch.net/ico/monaazarashi_1.gif
千葉県東方沖などを震源とする地震が2月下旬以降に相次ぎ、千葉県内のスーパーなどでは水や非常食などが売れている。発生から13年となる東日本大震災の節目が近づいていることや、1月の能登半島地震も影響しているとみられる。東日本大震災時の品薄などを踏まえ、各店舗は在庫を確保しているといい、ある店の担当者は「慌てて購入しなくても、商品は十分にある」と話している。(石本大河)

(後略)

https://www.yomiuri.co.jp/national/20240310-OYT1T50033/

【【地震品薄】千葉県で地震が続く中、市民が不安を募らせる!買いだめが急増!】の続きを読む


千葉県での地震が相次いでいるので、不安が募りますね。普段から地震対策をしっかりとしておくことが大切です。

1
房総半島…
能登半島みたいにならんよな…

【【千葉県】地震が多発中!!【注意!】】の続きを読む


ジビエとして食べられるキョン、興味深いですね。食材として利用されることで、少しでもキョンの繁殖が抑えられれば良いですね。食べても美味しいなら、ぜひ試してみたいです。

1
特定外来生物に指定される小型のシカの仲間である「キョン」が大繁殖しているというニュースに対し、「海外では高級食材とされており、日本でも食べればいい」という旨のX(旧ツイッター)の声が話題になっている。それに対し、「日本のキョンはまずい」と指摘する声もある。実際はどうなのか。J-CASTニュースは2023年11月30日、ジビエ料理や食材を扱う「猟師工房ドライブイン」(千葉県君津市)を運営する原田祐介さんに話を聞いた。

■「作っても作っても、すぐに売れてしまう」

発端となった投稿ではキョンを「食べればいい」としているが、実はすでにキョンはジビエとして扱われている。原田さんは5年ほど前からキョンの食肉化に取り組んでいるといい、「猟師工房ドライブイン」でもキョンの肉やキョン肉を使った加工食品を販売している。

キョンの肉について、原田さんは上質な鹿のような味だとし、「私は10年ほどジビエのビジネスを手がけていますが、そうとう美味しいお肉です」とコメント。おすすめの食べ方を尋ねると、「失敗なく美味しくいただくには、コンフィーやアヒージョ。あとは、ローストのような調理方法は間違いないですね」と教えてくれた。

現在、キョン肉は客から「大人気」だという。

「今、(キョンの大繁殖が)非常に議論を呼んでいる状況で(話題になっているので)、お肉は作っても作っても、すぐに売れてしまう状況です」

■「いただいた命にちゃんと向き合って供養していこう」
 
しかし、キョンはもともと日本にいなかった特定外来生物であり、千葉県では2021年に策定された「第2次千葉県キョン防除実施計画」のもと、完全排除を目指し取り組んでいる。食材として一般化させることには問題もある。付加価値がついてしまうと、養殖したり地域に放したりする人が現れる懸念があるという。

「キョンはもともと日本にいなかった生き物で、いてはいけない生き物です。これを全滅させないといけないというのは、県庁などと全く同じ見解です。(食材としての価値など)2次的な価値が生まれる懸念はありますが、あくまでもいただいた命なので、美味しく食べたり、皮を利用したりして、供養してあげられたらいいなという思いだけでやっています。キョンに関する我々の取り組みとしては、キョンの殲滅が終わったら、一切終わるという考え方です。でも、殲滅が終わるまでの間は、いただいた命にちゃんと向き合って供養していこうというスタンスです」


(出典 www.j-cast.com)


(出典 www.j-cast.com)


J-CASTニュース 2023年11月30日21時45分
https://www.j-cast.com/2023/11/30474004.html?p=all



【獣害】害獣「キョン」が大繁殖 千葉に7万頭超…人に慣れペットのように庭にすみ着く 「決して触れないで」と専門家 ★2 [ごまカンパチ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1701211066/

【【朗報】千葉で大量発生しているキョン、人気のジビエとして食べる声が高まる!】の続きを読む

地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震(なゐふる)」という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を専門とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野である。…
141キロバイト (20,848 語) - 2023年4月4日 (火) 06:02



震度5強の地震が千葉県南部で観測されたとのニュースが流れ、JR東日本の一部路線が運転見合わせや遅延しているそうです。被害が少なくても、災害に対する備えはしっかりと行いたいものです。

【【震度5強】JR運転見合わせ、千葉県南部の地震で影響】の続きを読む

このページのトップヘ