話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

死去


金田一一や鋼牙など、松野太紀さんが演じたキャラクターは忘れられないものばかりです。本当に素晴らしい声優さんでした。

1
 アニメ『金田一少年の事件簿』金田一一の声などで知られる、声優の松野太紀さんが26日、右大脳出血により死去した。56歳。所属する青二プロダクションが27日、公式サイトで発表した。



 同事務所は「弊社所属 松野太紀 儀 (56歳) 令和6年6月26日に右大脳出血により永眠いたしました ここに生前賜りましたご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます」と報告。「なお 通夜及び告別式はご遺族のご意向により近親者のみにて執り行わせていただきます ご諒恕のほどお願い申し上げます」と記した。

 松野さんは10月16日生まれ、東京都出身。アニメ『金田一少年の事件簿』金田一一、『遊戯王デュエルモンスターズGX』万丈目準、『犬夜叉』鋼牙の声などで知られる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43748c072007ec40e417853d63b6d43256a88d63

【【訃報】声優、松野太紀さん(56歳)死去】の続きを読む


あまりにも突然の訃報で、驚きと悲しみで言葉が出てきません。桂ざこば師匠の芸風は独特で、今後そのような存在がいなくなることが寂しいです。

1
sssp://img.5ch.net/ico/nurupo_ga_1.gif
----------
落語家の桂ざこばさん死去 76歳
06月12日 14時17分

事務所によりますと、上方落語を代表する落語家で関西を中心にテレビなどで幅広く
活躍した桂ざこばさんがぜんそくのため12日自宅で亡くなりました。

76歳でした。
----------
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240612/2000085116.html

【【訃報】桂ざこば死去】の続きを読む


小林徹弥さんの早すぎるお別れに驚いています。JRAで長年活躍し、引退後も調教助手としてトレーニングをサポートしていた姿が印象深いです。

1
[ 2024年6月2日 15:27 ]

 元JRA騎手の小林徹弥(こばやし・てつや)さんが1日夜に死去したことが2日、分かった。50歳だった。

 93年に栗東・目野厩舎所属で騎手デビュー。96年マイラーズC(ニホンピロプリンス)でJRA重賞初制覇を飾った。

 その後も99年エルムS(ニホンピロジュピタ)、01年京都牝馬S(グレイスナムラ)、02年シルクロードS(ゲイリーフラッシュ)で重賞V。03年ダービーはチャクラとのコンビでダービー初騎乗を果たし、14番人気6着。08年東海Sは単勝オッズ102.2倍の13番人気ヤマトマリオンを勝利に導いた。
 
 ▼目野哲也氏(師匠)今朝、小林の携帯から着信があり、何か用かな?と思ったら奥さまからで「亡くなりました」とのことでした。まだ若いし、早すぎる。お酒が好きだったから体を壊したのかな。性格が良くて周りのみんなにもかわいがられ、いい競馬をしてくれたし、思い出はたくさんあります。残念です。

 小林 徹弥(こばやし・てつや)1974年(昭49)5月5日生まれ、埼玉県出身。93年3月、栗東・目野厩舎所属でデビュー。同年5月2日、マーチングランで初勝利。96年マイラーズC(ニホンピロプリンス)でJRA重賞初制覇。JRA通算7637戦383勝、うち重賞5勝。19年5月20日付で引退し、栗東・千田厩舎の調教助手を務めた。血液型B。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2024/06/02/kiji/20240602s00004048556000c.html

【【訃報】元JRA騎手の小林徹弥さんが50歳で急逝】の続きを読む


中尾彬さんのご逝去、本当に残念です。ねじねじという独特のトレードマークや個性豊かな演技は、多くのファンに愛されていました。

1
中尾彬さん死去 81歳 俳優、バラエティーで活躍「ねじねじ」トレードマーク 池波志乃とおしどり夫婦
スポニチアネックス5/22(水) 11:51配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f5c87aa38e1723383deec35e6614b7cc594231d

「アウトレイジビヨンド」や「翔んで埼玉」など硬軟問わずに俳優として存在感を示し、バラエティー番組でも活躍した中尾彬(なかお・あきら)さんが死去した。81歳。千葉県木更津市出身。死因は明らかになっていない。妻で女優の池波志乃(69)とはおしどり夫婦として知られた。

所属事務所が22日に正式発表する予定で、親しい仕事先の関係者には報告を始めている。

 中尾さんは近年〝終活〟に取り組んでいることを公言。世間にその大切さを説き夫婦で向き合ってきた。都内の自宅マンションを除いて、千葉県や沖縄県に所有していたアトリエなどを少しずつ売却。今年3月にはPR大使を務める故郷の木更津市に美術品のコレクションを寄贈。その際は元気な姿を見せ「絵を見飽きたわけではなく、終活しているため、これを木更津の人に見てもらった方がいいのではないかと思って寄付をした」と語っていた。

 高校卒業後の1961年に武蔵野美術大学油絵学科に入学。翌62年に日活ニューフェースの第5期に合格し、映画デビューを果たすが、画家の道を捨てきれずに大学を中退してフランスに留学したこともあった。帰国後の64年に劇団民藝に研究生として入団し、翌65年に中平康監督の「月曜日のユカ」で主演の加賀まりこのボーイフレンドを好演して注目を集めた。70年に日活と民藝を離れてフリーに転身。75年に「本陣殺人事件」で金田一耕助役で主役を張ったほか、東映「極道の妻たち」シリーズ、東宝「ゴジラ」シリーズ、伊丹十三監督の「ミンボーの女」、さらには「アウトレイジ ビヨンド」や「龍三と七人の子分たち」など北野武監督の作品に重用され、コワモテから気の良い親分まで変幻自在に演じ分けて貫録を示した。ドラマではテレビ朝日「暴れん坊将軍」の初代徳川宗春役やNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」などで存在感を示した。

 おしゃれとしても知られ、マフラーやスカーフを首元からぐるぐる巻きにする〝ねじねじ〟がトレードマークだった。

【【訃報】俳優中尾彬さんが享年81歳で逝去 バラエティー番組でのトレードマークは「ねじねじ」】の続きを読む


the GazettEの一員として数々の名曲を生み出してきたREITAさんのご冥福を心からお祈りいたします。彼の音楽は永遠に私たちの心に響き続けるでしょう。

1
ビジュアル系ロックバンド「the GazettE(ガゼット)」の公式サイトが16日に更新され、ベーシスト・REITAさんが死去したと報告した。

 公式サイトでは「弊社所属、the GazettE: のベーシスト REITAが合和6年4月15日に永眠いたしました」と報告。

 「いつも温かく応援してくださったファンの皆様、これまでお世話になりました多くの関係者の皆様には生前のご厚意に心より感謝申し上げます。バンドに対し熱い想いで活動をしてきた彼のエネルギーは、決してこれからも変わることなく輝くことと思います」とした。

 「あまりに突然の信じ難い出来事に、所属メンバーや社員は未だ戸惑いの中にあり、この事態を到底受け入れられる状態ではなく悔やみきれない思いであります。しかしながら弊社、the GazettE メンバーにとって、大切な所属アーティストであることに変わりありません」とし「葬儀に関しましてはご親族の意向により、近親者のみで執り行わせていただく予定でおります。心痛な思いにご配慮をいただき、関係者への取材行為や憶測による記事掲載などはご遠慮いただき、温かく見守ってくださることをひとえにお願い申し上げます」とした。

 REITAさんのX(旧ツイッター)での最後の投稿は4月15日の午前3時50分。「the GazettEは永遠であってほしいと願う」とだけつづられていた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc0adadaaa7fad68fafd14a72b272ddac8a3e96

【【訃報】the GazettEのベーシストREITA(42歳)が突然死去】の続きを読む


曙太郎さんの闘病生活を知っていた方も多かったと思いますが、逝去されたとは本当に悲しいです。横綱としての功績を称えつつ、ご冥福をお祈りいたします。

1
2024年4月11日、元横綱の曙太郎さんが、4月に心不全で亡くなったことが分かりました。
告別式は家族のみの密葬で行われるというこです。54歳でした。
曙太郎さんは7年前に北九州市で倒れて以来、闘病生活を続けていました。曙さんは、東京近郊の病院に入院していたということです。

アメリカ・ハワイ出身の曙さんは1993年に第64代横綱になり、人気を博しました。


■元横綱 来歴
曙太郎さんはアメリカ・ハワイオワフ島出身。
昭和六十三年三月場所で初土俵。
平成二年九月場所で新入幕となり、平成五年三月場所で新横綱となりました。平成十三年一月場所で引退。
2003年に大相撲協会を退職。同年にK-1出場を表明、その後も、K-1、総合格闘技などの試合に出場、プロレスラーとしても活躍しました。

https://news.line.me/detail/oa-fujitv-view/y7qwxp039gp5

【【訃報】元横綱の曙太郎さん、心不全で逝去 54歳】の続きを読む


闘病と父親の逮捕という二重苦に苦しんできたタツヤさん、その強さに感動します。

1
元タレント田代まさし氏(67)の息子でミュージシャンの田代タツヤが21日、インスタグラムを更新。最愛の母が死去したことを報告した。

タツヤは「先週の2024.3.15に愛する母親が天に旅立ちました」と報告。「闘病していたこの3年間、特にこの半年は眠れない事も多く、とんでもなく痛くて辛い思いをしていたと思うので『まだ生きて欲しかった』気持ちと
『やっと安らかに眠れるね』という安堵の気持ちが入り混じり、自分の今の感情も何だかよく分かりません」と
心境をつづり、若かりし父母に抱かれた幼少期の写真も公開、「父が逮捕されてからは辛い人生を歩んでましたが、ライブハウスで出会った仲間を自分の第二の子供達の様に思ったり、友達が沢山出来たと嬉しそうに遊びに来てました」と、明るい性格で人を楽しませることが好きだったという母をしのんだ。

昨年12月には、父の田代氏が撮影した、若かりし母との親子写真をバンドのCDジャケットに使用したことでも話題になった。その写真もあらためてアップ。
「晩年は親孝行全然してあげられなくて今でも後悔が沢山あります。親孝行もっとたくさんしてあげたかった。ママごめんね泣 でも最後沢山一緒にいれて
母の事が大好きな気持ちは伝えられたと思うのでそこには後悔無いです」と振り返り、「ママの事ずっと好きです」とつづった。

続きは日刊スポーツ 2024年3月21日16時11分
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202403210000656.html

【田代まさし氏の息子タツヤ氏が母の死去を報告「父が逮捕されてからの辛い人生を語る」】の続きを読む


いのまたむつみ先生のご逝去には本当に驚きと悲しみを覆い隠せません。彼女の作品は、多くの人々に愛されてきたものであり、その才能と情熱は永遠に忘れられないものでしょう。

1
いのまたむつみ先生のご逝去に際して

いのまたむつみ先生のご逝去の報に接し、誠に残念でなりません。

謹んでお悔やみを申し上げます。

弊社といのまた先生とは1980年代から長く深くお付き合いをさせていただきました。
「風の大陸」「宇宙皇子(うつのみこ)」月刊ニュータイプでの版権イラストなどの様々なタイトルやシリーズを通じて、大変素敵なイラストを数多くご提供いただきました。誠に感謝しております。

先生のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、深く哀悼の意をささげます。




株式会社KADOKAWA
ファンタジア文庫・ドラゴンマガジン編集部
文芸局
ニュータイプ編集部

https://www.kadokawa.co.jp/topics/11495/

【【訃報】いのまたむつみ死去】の続きを読む


自殺かどうかはまだ不明なようですが、どうかTARAKOさんが苦しむことなく、穏やかな気持ちで旅立てることを願っています。

1
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
急逝のTARAKOさん 「ルパン三世」に憧れて…紀行番組のリポーターでも活躍
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/03/08/kiji/20240308s000413H4816000c.html
 フジテレビで放送中の国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)で主人公、まる子を演じている
声優のTARAKOさん(本名非公開)が急死したことが8日、分かった。63歳。群馬県出身。死因は明らかになっ
ていない。遺族は悲報をフジテレビと所属事務所に伝えており、葬儀は家族葬で営む。

 TARAKOさんは、1960年(昭35)12月17日生まれ、群馬県太田市出身。高校生の時に「ルパン三世」に憧れ
アニメ同好会をつくり、卒業後に演技の専門学校に入学。81年に声優デビューし、1983年にはアルバム
「とっておきの瞬間」を発売した。

 ナレーターや世界紀行番組のリポーターとしても活躍。著書に「笑う数ほど福が来る」。

【【訃報】TARAKOさん死去、63歳 ちびまる子ちゃん声優、自殺か】の続きを読む


急性硬膜下血腫とは突然のことだったのでしょうか。まだまだたくさんの作品を楽しみにしていただけると思っていたのでショックです。

1
2024-03-08 12:02

 漫画『ドラゴンボール』作者で知られる漫画家・鳥山明さんが1日に、死去した。68歳。『ドラゴンボール』の公式サイトで8日に発表された。

 鳥山さんは1978年に『ワンダーアイランド』でデビュー。その後、『週刊少年ジャンプ』で『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』などの人気作品を世に送り出してきた。特に1984年に連載をスタートさせた『ドラゴンボール』は世界的な人気となり、アニメ化、実写化などされ、今もなお愛され続けている。

 なお、鳥山さんが『週刊少年ジャンプ』で2000年23号~36・37合併号に短期集中掲載していた漫画『SAND LAND』のゲーム・アニメ新プロジェクトが先日、本格的に発表されたばかりで、新作アニメの配信が今月20日より控えていた。

 下記、公式サイトより全文。

ファン、関係者の皆さまへ
突然のご報告になりますが、
漫画家・鳥山明は2024年3月1日、急性硬膜下血腫により永眠しました。68歳でした。

熱心に取り掛かっていた仕事もたくさんあり、
まだまだ成し遂げたいこともあったはずで、残念でなりません。
ただ、故人は漫画家としていくつもの作品を世に残して参りました。
多くの世界中の方々に支持していただき、45年以上にわたる創作活動を続けることができました。

これからも鳥山明唯一無二の作品世界が、末長く皆様に愛され続けることを切に願います。
生前のご厚誼に深く感謝し、ここに謹んでお知らせいたします。

なお、葬儀は近親者のみにて執り行いました。
静謐を望む本人の意向により、ご弔問・ご香典・ご供物・ご献花その他はご辞退申し上げます。
家族への取材等につきましてもお控えいただけますよう、ここにお願い申し上げます。

今後のお別れの会等については未定ですので、決まり次第お知らせいたします。
何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

2024年3月8日
株式会社バード・スタジオ
株式会社カプセルコーポレーション・トーキョー

https://www.oricon.co.jp/news/2317555/full/

関連記事
『週刊少年ジャンプ』編集部、鳥山明さん訃報に「集英社一同大きな悲しみ」 ゆかりある堀井雄二&尾田栄一郎も追悼
https://www.oricon.co.jp/news/2317556/

★1: 2024/03/08(金) 12:05:41.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1709889268/

【【訃報】マンガ界の巨匠、鳥山明氏が硬膜下血腫で逝去】の続きを読む


相沢友子さんの言葉から、日テレと脚本家との間でのコミュニケーションに問題があるのではないかと思われます。原作改変禁止という重要なルールについての情報共有が不十分だったのか、それとも意図的な疎通不全があったのか、真相が明らかになることを期待しています。

1
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 日本テレビで昨年10月に放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で、漫画家の芦原妃名子さん(享
年50)が死去したことを受け、ドラマの脚本を担当した脚本家・相沢友子氏がコメントを発表。ドラマを巡る自身
の投稿を反省し、追悼した。

 芦原妃名子さんの訃報は1月29日に伝えられた。芦原さんは1月26日に更新した自身のXで、脚本をめぐり局側と
折り合いがつかず、自らが9、10話の脚本を書くことになったとして視聴者に向けて謝罪。当初提示していた「漫
画に忠実に描く」などの条件が反故になっていたと明かしていた。

 日本テレビは公式サイトを通じ、同作について「日本テレビの責任において制作および放送を行ったもの」と説
明し、芦原さんを追悼。出版元の小学館も芦原さんを追悼し、同作は未完のまま終了となると発表していた。

 ドラマ主演の木南晴夏や安田顕ら俳優陣も芦原さんを追悼していたが、相沢氏のコメントはなかった。

 相沢氏はこの日、自身のSNSを更新。「このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い
悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。

 続けて、「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉
を失いました」と、芦原さんが投稿した映像化の経緯について触れ、「いったい何が事実なのか、何を信じればい
いのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そ
して今もなお混乱の中にいます」とした。

 また、自身の発言について「SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、
反省しています」と反省し、「もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あま
りにも悲しいです」と悲痛な思いを吐露。「事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このよ
うなことが繰り返されないよう、切に願います」と呼びかけた。

 最後に「今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください」とし、「お悔やみの言葉が遅くなってし
まい、本当に申し訳ありません。芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします。2024年2月8日 相沢友子 これを
最後に、このアカウントは削除させていただきます」と結んだ。

 原作者の芦原さんは1月26日、自身のX(旧ツイッター)で「ドラマ『セクシー田中さん』について」とし、
「色々悩んだのですが、今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や
事情を、小学館とご相談した上で、お伝えする事になりました」と投稿。ドラマ化にあたって“必ず漫画に忠実
に”などの条件が守られていなかったことを明かし、自ら9、10話の脚本を手がけることになったと説明した。視
聴者に向けて謝罪したが、芦原氏は28日に当該の投稿を削除。上記についてつづったブログも閉鎖した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/80b8f30c1f81e13fa6ea7f8803e4d240426c6049

【闇深】セクシー田中さん脚本家・相沢友子「原作改変禁止なんて日テレから聞いてない。初めて知った」★2 [501864527]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1707397470/

【【セクシー田中さん】脚本家・相沢友子「原作改変禁止なんて日テレから聞いてない。初めて知った」】の続きを読む


小澤征爾さんの訃報に驚きと悲しみを禁じ得ません。彼は世界的な指揮者として活躍し、数々の名演奏を通じて私たちの心を打ちました。

1
【NHKニュース速報】
指揮者の小澤征爾さん死去 88歳 「世界のオザワ」と評され国際的に活躍(19:07)

https://www3.nhk.or.jp/news/

【【訃報】「世界のオザワ」指揮者の小澤征爾さん死去 88歳】の続きを読む

このページのトップヘ