話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

注意


ビールロング缶1本以上が大腸がんのリスクを高めるとは驚きだ。自分もたまには飲むことがあるけど、量を気をつけないといけないな。

1
厚生労働省は19日、飲酒のリスクや体への影響をまとめた初のガイドラインを発表した。年齢や性別、体質、疾病別で異なる飲酒による健康リスクを示したほか、酒量より「純アルコール」の摂取量に着目することが重要としている。

指針によると、大腸がんの発症リスクを高める飲酒量の目安は、1日当たりビールロング缶1本に相当する約20グラム(週150グラム)以上などと例示。特に高齢者は体内の水分量の減少などで酔いやすく、飲酒量が一定量を超えると認知症が発症する可能性が高まる。

また、10~20代は脳の発達段階にあり、多量の飲酒で脳機能が低下するとのデータがあり、高血圧などのリスクが高まる可能性もある。女性は男性よりもアルコールの影響を受けやすく、少量でも肝硬変のリスクが高まるという。

指針では、健康リスクを減らすために、酒に含まれる「純アルコール量」を用いた健康管理を勧めている。純アルコール量は、アルコール度数と飲酒量、アルコール比重0・8の3つを掛けることで計算できる。

全文はソースで 最終更新:2/19(月) 16:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a65370a4554958a15752bf33f39e62b29b2c3e1

【【注意】厚労省が発表した初の飲酒ガイドラインによると、ビールロング缶1本以上の摂取で大腸がんリスクが上昇する】の続きを読む


京都での地震頻発は心配です。観光地としても有名な場所なので、多くの人が訪れています。地震で被害が出てしまったら、観光業にも大きな影響が出てしまうかもしれません。

1
sssp://img.5ch.net/ico/syobo2.gif
京都府で最大震度3の地震 京都府・亀岡市

ごろ、京都府で最大震度3を観測する地震がありました。

気象庁によりますと、震源地は京都府南部で、震源の深さはおよそ10km、地震の規模を示すマグニチュードは3.7と推定されます。

【詳細】各地の震度一覧・最新LIVE

この地震による津波の心配はありません。

最大震度3を観測したのは、京都府の亀岡市です。

【各地の震度詳細】

■震度3
□京都府
亀岡市

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4df127ade8f0c509569af033fed40eb8512548db&preview=auto

【【地震】京都でまた地震、連続発生中、注意!】の続きを読む


個人情報流出問題は、多くの人々のプライバシーを守るために対策が必要です。総務省が徹底的な調査を行い、詳細な報告を求めることは、被害者への配慮と共に、一般の人々の安心感を取り戻す重要な一歩だと思います。

1
読売新聞 2024/02/08 05:00

 無料通信アプリ「LINE」の利用者情報など約44万件の個人情報が流出した可能性がある問題で、総務省が1月、
運営するLINEヤフーに対し、2回にわたり詳細の報告を求めたことが分かった。
電気通信事業法に基づく「報告徴収」で、総務省は報告を精査した上で対応を検討する。

 政府が6日に閣議決定した質問主意書への答弁書によると、報告徴収を出したのは、1月9日と17日。
事実関係など詳細の報告を求めた。既に同社から回答があったという。

 問題は昨年11月に発覚した。同社は当初、昨年10月に不正アクセスがあったと発表したが、
その後、9月から不正アクセスが起きていたと説明を改めた。
こうした経緯もふまえ総務省は任意の情報提供ではなく、報告徴収が必要と判断した。

 同社の出沢剛社長は2月6日の決算説明会で陳謝し、再発防止策を今後公表する考えを示した。
発表によると、個人情報の流出は昨年、大株主である韓国IT大手ネイバーの関連会社がサイバー攻撃を受けた際
、旧LINEの社内サーバーにも不正アクセスがあって発生した。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240208-OYT1T50029/

【【LINE】 個人情報44万件超流出!まだまだ流出中!多分みんな流出!】の続きを読む


雪が積もる可能性があるので、早めの対策をしておこうと思います。交通機関も乱れることが予想されます。

1
2/5(月) 11:46配信
テレビ朝日系(ANN)

5日昼頃から、関東では警報級の大雪となる見込みで、東京都心でも5センチ程度の積雪が予想されています。交通が乱れる恐れがあり、気象庁は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

■親子で雪だるま…駆け出す子どもたちも 箱根

 4日午前4時ごろ、神奈川県箱根町の「ホテル四季の館 箱根芦ノ湖」から撮影された映像です。まだ雪は降り始めていませんが、およそ4時間後には辺り一面が真っ白に染まります。

 標高1011メートルにあるレストランにドッグランなどが併設された「アネスト岩田・スカイラウンジ」も雪景色です。ライブカメラには、降り積もった雪に思わず駆け出す子どもの姿も映っています。

 施設には「雪が目当て」という家族が訪れていました。子どもの身長ほどの雪だるまを作った親子も、次のように話しました。

父親 (40)
「ちょうど、きょう(4日)天気予報で、この辺が雪だと聞いた。子どもが『来たい』と言ったので」

息子 (6)
「(Q.雪だるま作った感想は?)楽しかった」
 
■北海道で追突事故発生も…道路状況が悪化

 一方、車でやってきて、その道中、ヒヤッとしたという人は次のように話しました。

利用者
「(Q.何でここまで来たか?)車で来ました。ちょっと滑りました。最初、雪予報じゃなかったので、大丈夫かなと思ったが、なんとか事故せずに(来られた)」

 箱根は5日から6日にかけて、最大20センチから40センチの雪が降る見込みです。箱根の観光地「恩賜箱根公園」でも、今後の路面状況に不安を抱いているといいます。

恩賜箱根公園 磯崎貴大副園長
「雪が降り、かなり冷え込み、厳しい寒さになっている。きょう(4日)降った雪、あと雨が凍結をして、路面凍結がとても心配。観光地箱根に来ていただき、お楽しみいただきたいので、事故とかトラブルとかそういったものがゼロであってほしい」
 
 路面凍結などの道路状況の悪化は、事故につながります。

 3日、北海道では高速道路で観光バスやトラックなど25台以上が絡む追突事故が発生しました。事故の影響で、およそ7時間にわたり通行止めになりました。

 当時、現場は吹雪で視界が悪くなっていたほか、路面も凍結していたといいます。この事故で、40代の男性1人が病院に運ばれています。

長文につきあとはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/488e6924c003bc0dd9dac7fed3b3e5b39d750791

1が立った日時 2024/02/05(月) 11:53:57.22
前スレ “警報級大雪”の恐れ…東京23区で5cm程度積雪の可能性も 空の便すでに60超が欠航に★2

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707104907/

【【既に降雪中】東京23区、警報級大雪の恐れ!】の続きを読む


東京湾でM4.8の地震が発生しました。深さ80kmということで、震源は比較的深い所にありますね。被害は少ないとはいえ、地震の活動が活発になっていることは注意が必要です。念のため、非常持ち出し袋の確認などをしておきましょう。

1
2024年01月28日 09時03分 気象庁発表
発生日時: 2024年01月28日 08時59分頃
震源地: 東京湾 北緯35.6度、東経140.0度
規模:M4.8
深さ:80km

★ この地震による津波の心配はありません。
--------------------------------------------------------------------------------
詳細は気象庁 地震情報ページ https://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html で確認してください

【【震源首都直下】東京湾 M4.8 最大震度4深さ80km】の続きを読む


クイッシング詐欺から身を守るためには、常に警戒心を持つことが重要です。怪しいメールやウェブサイトから送られてきたQRコードは絶対にスキャンしないようにしましょう。また、実際のサービスやイベントの場でQRコードを使用する場合でも、公式の情報源から提供されたものかを確認しましょう。

【【注意】急増詐欺、クイッシング!】の続きを読む


大麻グミに対する警戒感が高まっています。これまでの事案でも大変なトラブルが発生していたのに、取り締まりが甘すぎたのではないでしょうか。同一製造元が関与しているということは、グミに問題がある可能性が高まっています。今後の展開に注目が集まっています。

1
※11/16(木) 10:17配信
TBS NEWS DIG Powered by JNN

都内でいわゆる“*グミ”を食べた複数の若者が体調不良を訴えて搬送された問題で、きのう深夜、板橋区でも20代の男女2人が搬送されていたことがわかりました。

きのう午後11時半ごろ、板橋区のマンションの部屋で20代の女性から「グミを食べて体調不良になった。苦しい」と119番通報がありました。

捜査関係者などによりますと、20代の男女が午後10時ごろにグミを食べたところ、およそ1時間後に手のしびれや動悸を感じ、2人は病院に運ばれましたがいずれも命に別状はないということです。

このグミの袋には「HHCH」という国内では規制されていない*由来の成分に似せた合成化合物の名前が書かれていて、2人は「都内で購入した」と説明しているということです。

今月、都内では2人が食べたグミと同じグミを食べて体調不良を訴える人が相次ぎ、あわせて男女9人が病院に運ばれました。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/da46abd995ebc8cc97fc25e556f2ea9be4611fd3

【【大麻グミ】続々と被害者搬送、20代男女2人がマンションで倒れる!警察が製造元に捜査を開始】の続きを読む


眼球を守ることが何よりも重要なんですね。熊外傷による顔面の損傷は回復が難しく、心身に深い傷を残すこともあるそうです。予防対策や緊急時の行動についても学びたいと思いました。

1
熊による今年度の人的被害が、統計開始以降最多を更新している。

ヒグマ、ツキノワグマを問わず、熊は人間の顔面や頭部を執拗に攻撃する習性があるという。そのため、「命に別状はない」と報道される場合も、実際は頭部や顔面が激しく損傷するなど、凄惨な状況であることが多い。

先日、秋田大学医学部付属病院が提供した「熊外傷」のCT画像をNHKが公開した。農作業中に遭遇し「熊に顔をひっかかれた」被害者が、顔面中央部分を激しく損傷していることが、CT画像からもはっきりとわかった。

■「熊外傷」は形成外科が関わる最悪の類の顔面外傷

これを受け、「熊外傷」の公開論文(※ショッキングな症例画像があるため閲覧注意)のURLと共に、「形成外科が関わる顔面外傷でも最悪の類」と、X(旧:Twitter)にポストしていたのは、海外を拠点にする再建・形成外科医、世界のどこかで再建外科(@Recon_surgeon)さん。論文に掲載された想像を絶する症例に対し、多くの医師からも反響が寄せられた。

一連の投稿に対して、「今年13件目を手術しました。いちばんひどかったのは、中顔面をかじり取られて、顔面動脈吻合で再接着。顔面移植ってこんな感じなのかと思いました」とコメントしていたのは、医学部附属病院の形成外科医、ぽっぺん師匠(@2DVDinmVxMeTJjp)さん。

ぽっぺん師匠先生によると、通常は年に1件あるかどうかという「熊外傷」の手術を、今年はすでに13件も担当。明らかに「今年だけ全く状況が違う」のだという。

■救急隊が拾って来てくれた「熊にかじり取られた顔面」

ぽっぺん師匠先生がXに投稿していた、「熊にかじり取られた中顔面(下まぶたから上唇までの顔部分)」は、約4時間を費やし、「顔面動静脈を顕微鏡下に吻合することで血流を再開させてつなげる手術」を実施。

熊にかじり取られた被害者の中顔面は、「眉間から両下眼瞼、頬、鼻、上口唇がひとまとまりに路上に落ちていたのを、救急隊が拾って持って来てくれました」と、ぽっぺん師匠先生。この言葉からも、「熊外傷」の凄まじさが容易に想像出来ることだろう。

「熊は顔面を狙って攻撃してくることが多く、顔面に重篤な破壊を加えられると後遺症を残すことになり、その後の人生に大きな影響を与えるものとなります。普段接することがないほどの強い力で襲われるため、特に顔面に残る後遺症は、傷跡だけでなく、顔が動かなくなり、眼が開かない、閉じない、口が動かないなどの症状が残り、対策の手術を繰り返すことになります」(ぽっぺん師匠さん)

■失明を防ぐため、とにかく「眼球」を守って

「患者さんに話を聞くと、ほとんどが突然襲いかかってきた、あるいは後ろから襲われた、藪の中から飛びかかってきたといった受傷形態です。熊に出会ったら熊から眼を離すな、後退りしてゆっくり離れろ、などと言われていますが、このような対策は現実的ではないと感じます」と、ぽっぺん師匠先生。

それでも、「熊の鋭利で長い爪で眼球を引っかかれると失明を免れないため、眼を守ることが被害を小さくする対策として有効であると考えます」と、先生は語る

以下全文はソース先で

■「熊かわいそう」は被害地域住民には通用しない
■「熊」被害は人生を大きく狂わせる

まいどなニュース 2023.11.06(Mon)
https://maidonanews.jp/article/15048625?page=1

【【クマやばい】とにかく眼球を守って!クマにかじられた顔面は路上に落ちていた!】の続きを読む


カメムシの大量発生が本当に困りますね。私の家でも2mmの隙間から侵入してくることがあるので、気をつけているんです。でもどうしてこんなに増えてしまったんでしょうね。対策方法や駆除方法が知りたいですね。

1
 2023年の秋、悪臭を放つカメムシ類が、全国的に大量発生しているという。都内に住む本誌記者の自宅にも、に突如、カメムシ(ツヤアオカメムシ)が出現した。

 調べてみると、農林水産省は8月末に、「青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、埼玉県、石川県、岐阜県、愛知県、島根県、山口県、高知県、大分県」の14県に「カメムシ注意報」を発令。その後、「秋田県、京都県、和歌山県、鳥取県、佐賀県、熊本県、鹿児島県」が追加され、現在、合計21県に注意報が出ているのだ。東京は含まれていなかったが……。

 X(旧Twitter)で「カメムシ大量発生」で検索すると、多くの被害報告が寄せられている。

《今年カメムシ大量発生とは聞いてたけど、、、この量は聞いてない、、、》

《昨夜もカメムシ大量発生。そして朝になると集団自決。不気味すぎる》

《カメムシ大量発生に伴い、網戸に虫除けスプレーしまくったら、朝網戸の下が大変なことになってる。。。》

といった複数のポストが、写真や動画とともにあがっている。場所も街灯の下だったり、コンビニの入口付近、またはマンションのなかといった具合に、さまざまだ。

 今回、注意報が発令されたのは、コメの品質を低下させる「クモヘリカメムシ」「イネカメムシ」などの「斑点米カメムシ類」に対して。これらは法律に基づく「有害動物」にも指定されている。専門家によれば、斑点米カメムシ類は春から夏にかけて繁殖を繰り返すため、初夏から気温の高い日が長く続いた2023年は、1年間の世代交代が増えたと見られている。

 平たい体のカメムシは、わずか2mm程度のすき間からでも、室内に入ってくるという。注意報の出ていない地域でも、いつか出てくるかもしれないという心構えは、しておいたほうがよさそうだ。

10/18(水) 20:25 SmartFLASH
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fa944c4f6e8acf1f4c044e9267748423a1103f0

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【【緊急事態】2023年の日本、21県でカメムシ注意報発令!室内に侵入する恐れも】の続きを読む


プール熱(咽頭結膜熱)の患者数が過去10年で最多ということは、対策が不十分である可能性があります。大阪・福岡などで警報レベルということもあり、注意が必要ですね。プールを楽しむ前に、感染症対策をしっかりと行いましょう。

1
子どもがかかりやすい夏風邪の一つ、咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)が過去10年で最も大きな流行となっている。
大阪府と福岡県では警報レベル(定点医療機関あたり3・0人)を超え、各自治体は手洗いやうがい、せきエチケットなどの基本的な感染症対策を呼びかけている。

咽頭結膜熱はアデノウイルスが原因の感染症で、38度を超える突然の高熱や、のどの痛み、目の充血・痛みなどの症状が出る。
潜伏期間は5~7日間で、ウイルスが口、鼻、のどや目の粘膜から入って感染する。子どもがプールで感染して流行することが多いが、プール以外でも感染する。

国立感染症研究所によると、全国約3000の小児科定点医療機関が報告した直近1週間(11~17日)の患者数は平均1・45人で、5週連続で増加。福岡県(同4・65人)と
大阪府(同4・09人)では警報が発令され、京都府(同2・95人)や奈良県(同2・88人)なども警報レベルに近づいている。

 ◇アルコール消毒 効きにくく
アデノウイルスは、インフルエンザウイルスやコロナウイルスと異なり、一般的なアルコール消毒が効きにくい。
子どものおもちゃや保育施設などの手すり、ドアノブは次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が効果的だ。
流水とせっけんで丁寧に手洗いすることや、家庭内でもタオルの共用を避けることが大切だという。

続きはYahooニュース 毎日新聞 9/26(火) 15:52配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/56bd6377dd26bdb469cd71b6e9ee75cb206642c2

【【感染症】プール熱患者数、過去10年で最多】の続きを読む


ながらスマホは本当に危険です。特に踏切では周囲の状況に集中する必要がありますが、画面に夢中になってしまうと事故につながる可能性が高まります。この悲劇を教訓に、自分自身もながらスマホの使用を控えるようにしようと思います。

1
https://news.yahoo.co.jp/articles/f08cdb20c28a05ab70f12931caa31a62291d5f3c

先週、東京・板橋区の踏切で31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。その後の取材で事故の原因が女性の“ながらスマホ”とみられることが分かりました。

 今月8日の午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。はねられた際、女性は踏切の中で遮断機の前に立っている状態でした。

 「すみやかに踏切の外に出て下さい」(警報音)

 一体、なぜ女性は踏切内で立ち尽くしていたのでしょうか。その後の捜査関係者への取材で、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことが分かりました。取材をもとに当時の状況を再現しました。

 警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入りました。この時は、まだ遮断機は下りていませんでした。およそ10秒後、女性が踏切の出口にさしかかった時、目の前の遮断機が下りました。女性はそのままスマートフォンの操作を続け、30秒ほど後に電車にはねられたのです。

 「かなり人通りが多い踏切なんですけれどもスマートフォンを操作しながら渡る人の姿が見られます。歩きスマホしながら踏切を渡ってきた男性がいますね」

つづきはソースにて

【【ながらスマホ】踏切で31歳女性、電車にはねられ死亡】の続きを読む


津波や地震に対する注意喚起が必要ですね。自然災害に備えることは、私たちの生活を守るためにも重要なことです。気象庁からの情報をしっかりと受け取り、適切な対策を取りましょう。

1
10/9(月) 14:56配信
CBCテレビ

10月9日朝早く、伊豆諸島の鳥島近海で発生した地震に伴い太平洋側の広い範囲で津波が観測されました。

東海地方の被害は確認されていません。

9日午前5時半ごろ、鳥島近海を震源とする地震があり、太平洋側の広い範囲で津波が観測されました。

60センチの津波を観測した八丈島八重根(やえね)では、漁港で小型船が2隻、転覆しました。

(動画を撮影した人)
「1隻は奥の方に流れて行って、1隻が港の中でぐるぐる回っている状態」

津波注意報は東海地方には発表されず、愛知県外海と三重県南部で若干の海面変動が予想されましたが、被害は確認されていません。

ただ、太平洋側の一部に出された今回の津波注意報について、気象庁からは驚くような発言が…

(気象庁・下山利浩地震情報企画官)
「今回は津波の原因となる地震などの詳細が不明なので、予測が難しい状況」

津波の予測に欠かせない「地震の規模」が分からず、八丈島で津波を実際に観測してから、いわば「後追い」で津波注意報が発表されたのです。

気象庁は、鳥島近海の活発な地震活動が今後も当面の間つづく見込みだとして、「引き続き津波や地震に注意してほしい」と呼びかけています。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/7564575c8cb4a9723be99a4a0fb8de4b76891320

【【気象庁】津波を観測してからの津波注意報、引き続き津波や地震に注意を!】の続きを読む

このページのトップヘ