話題のニュー速まとめちゃんねる

話題のニュースやトレンド情報を発信しています。 よろしくお願いいたします😀

訃報


落馬負傷というのは騎手にとってつきもののリスクですが、やはりこんなに若くして亡くなるというのは悲しすぎます。

1
関連スレッド

致命傷は、田口の騎乗馬が踏みつけたことか?吉村の騎乗馬が蹴飛ばしたことか?
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1712798455/

【【訃報】6日に落馬、藤岡康太騎手が死去、35歳 】の続きを読む


曙太郎さんの闘病生活を知っていた方も多かったと思いますが、逝去されたとは本当に悲しいです。横綱としての功績を称えつつ、ご冥福をお祈りいたします。

1
2024年4月11日、元横綱の曙太郎さんが、4月に心不全で亡くなったことが分かりました。
告別式は家族のみの密葬で行われるというこです。54歳でした。
曙太郎さんは7年前に北九州市で倒れて以来、闘病生活を続けていました。曙さんは、東京近郊の病院に入院していたということです。

アメリカ・ハワイ出身の曙さんは1993年に第64代横綱になり、人気を博しました。


■元横綱 来歴
曙太郎さんはアメリカ・ハワイオワフ島出身。
昭和六十三年三月場所で初土俵。
平成二年九月場所で新入幕となり、平成五年三月場所で新横綱となりました。平成十三年一月場所で引退。
2003年に大相撲協会を退職。同年にK-1出場を表明、その後も、K-1、総合格闘技などの試合に出場、プロレスラーとしても活躍しました。

https://news.line.me/detail/oa-fujitv-view/y7qwxp039gp5

【【訃報】元横綱の曙太郎さん、心不全で逝去 54歳】の続きを読む


福島孝徳さんのご逝去に深い哀悼の意を捧げます。数多くの患者さんの命を救い、多くの人々に希望を与えてくれた素晴らしい医師でした。

1
2024-03-23 14:38ORICON NEWS

 “ゴッドハンド”“天才脳外科医”と呼ばれた医師の福島孝徳さんが死去した。81歳。公式サイトで発表された。

 公式サイトによると福島さんは、脳神経外科医として歩み始めた1970年代から臨床の現場にこだわり、独自の視点から低侵襲・最新の手術を手技を考案し、驚異的なペースで手術を行ってきた。
患者に負担をかけずに、合併症のないきれいな手術による一発全治をはたすか、というのが、福島さんの一貫した医療に対する姿勢だった。

https://www.oricon.co.jp/news/2319722/full/
続き
(最終更新:2024-03-23 14:54)

【【訃報】脳神経外科医、福島孝徳さん死去 81歳】の続きを読む


56歳という若さでのご逝去、本当に残念です。長田奈麻さんの存在は大きかったです。

1
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/03/19/kiji/20240319s00041000552000c.html
2024年3月19日 18:18

女優の長田奈麻さんが14日に亡くなったことが19日、分かった。所属の劇団「ナイロン100℃」が発表した。56歳だった。死因などは明らかにしていない。

ナイロン100℃は公式サイトで「かねてより病気療養中でしたナイロン100℃所属 長田奈麻が去る令和6年3月14日56歳にて永眠いたしました」と長田さんの死去を報告した。
中略

ナイロン100℃の主宰で、大半の作品で劇作・演出を手がけるケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)氏は自身のX(旧ツイッター)にて「闘病の末、長田奈麻が逝ってしまいました。90年代頭に劇団健康に参加以来、幾多の舞台で独自の魅力を発揮してくれました。在団中の仲間を失くすのは初の経験で喪失感は大きいですが、稽古中にも『私のことより芝居を成功させてくれ』と叱咤されました。長田に報いるためにもナイロン100℃は続きます」と思いを記した。

長田さんは東京都出身。ナイロン100℃に所属し、これまで舞台を中心にCM、映画で振付家としても活躍。また、「劇団かもめんたる」に2018年第6回公演から2022年まで劇団員として活動。ナイロン100℃の多くの作品に出演したほか、客演などでも多くの舞台作品に出演していた。

全文はソースをご覧ください


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【【訃報】女優 長田奈麻さん死去 56歳】の続きを読む


いのまたむつみ先生のご逝去には本当に驚きと悲しみを覆い隠せません。彼女の作品は、多くの人々に愛されてきたものであり、その才能と情熱は永遠に忘れられないものでしょう。

1
いのまたむつみ先生のご逝去に際して

いのまたむつみ先生のご逝去の報に接し、誠に残念でなりません。

謹んでお悔やみを申し上げます。

弊社といのまた先生とは1980年代から長く深くお付き合いをさせていただきました。
「風の大陸」「宇宙皇子(うつのみこ)」月刊ニュータイプでの版権イラストなどの様々なタイトルやシリーズを通じて、大変素敵なイラストを数多くご提供いただきました。誠に感謝しております。

先生のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、深く哀悼の意をささげます。




株式会社KADOKAWA
ファンタジア文庫・ドラゴンマガジン編集部
文芸局
ニュータイプ編集部

https://www.kadokawa.co.jp/topics/11495/

【【訃報】いのまたむつみ死去】の続きを読む


篠塚建次郎さんの逝去に深い哀悼の意を表します。彼の功績は日本のモータースポーツ界に多大な影響を与えました。

1
読売新聞2024/03/18 14:00
https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20240318-OYT1T50118/

自動車のパリ・ダカール・ラリー(パリダカ)で1997年に日本人初の総合優勝を達成した世界的ラリードライバー、篠塚建次郎(しのづか・けんじろう)さんが18日午前、 膵臓すいぞう がんのため、長野県諏訪市の病院で死去した。75歳だった。

東京都出身。71年に三菱自動車に入社し、営業マンや整備工の傍らラリー競技を行った。86年からパリダカに参戦し、87年に総合3位。搭乗マシンのパジェロとともに人気を集め、参戦12年目の97年に日本人初の総合優勝を果たした。世界ラリー選手権(WRC)では、91年のアイボリーコーストラリーで日本人初の優勝。翌年連覇を果たした。

2007年までパリダカに参戦を続け、その後も母校の東海大でソーラーカーレースに出場するなど、長年にわたり日本を代表するドライバーとして活躍。モータースポーツ界を先導した。22年に日本自動車殿堂入り。義弟は俳優の三浦友和さん。

【【訃報】篠塚建次郎さんが逝去、「パリダカ」で日本人初の栄冠を手にした伝説のドライバー】の続きを読む


名探偵コナンをはじめとするアニメ作品に魅力を与えていました。安らかに眠っていただけることを祈ります。

1
訃報:『名探偵コナン』の声優イ・ウリさん=享年24歳

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e8a3cc81ef7573d057f88dd76fba89f5eff2c38

【NEWSIS】西友のイ・ウリさん(本名:イ・ジンヒ)が今月14日に亡くなった。享年24歳。

【グラフィック】もう一度会いたい! 帰らぬ人となった韓国スター

 故人は2021年、CJ ENM声優劇会(TOONVOICE)11期専属声優としてデビューした。韓国男性声優の最年少合格記録を作り、話題になった。アニメ作品『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』『ヴァンパイア少女タルジャ』、ゲーム作品『アラド戦記』『クッキーラン:キングダム』などで声を当て、活躍した。

 同じくTOONVOICE第11期出身の声優イ・ダルレは15日、ソーシャルメディアに「謹んで故人の冥福を祈ります。私どもTOONVOICE11期の大切な末っ子、故イ・ウリさんが3月14日、世を去ったことをお伝えいたします」と書き込み、「突然の残念な悲報に声優および関係者は皆、悲しみを隠し難い」とつづった。

 さらに「ご遺族の要請により、平素からファンの方々を大切にし、愛していた故人の最後の報をお伝えいたします。葬儀は家族および同僚を中心として進められる予定です。声優イ・ウリを愛し、彼の演技を記憶してくださっている全てのファンの方々に、私どもの愛する同期ウリが、向こうで穏やかに永眠できることを共に祈ってくださるようお願い申し上げます」と記した。

【【訃報】名探偵コナンの声優が突然の死!ファンから追悼の声が続々】の続きを読む


自殺かどうかはまだ不明なようですが、どうかTARAKOさんが苦しむことなく、穏やかな気持ちで旅立てることを願っています。

1
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
急逝のTARAKOさん 「ルパン三世」に憧れて…紀行番組のリポーターでも活躍
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/03/08/kiji/20240308s000413H4816000c.html
 フジテレビで放送中の国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)で主人公、まる子を演じている
声優のTARAKOさん(本名非公開)が急死したことが8日、分かった。63歳。群馬県出身。死因は明らかになっ
ていない。遺族は悲報をフジテレビと所属事務所に伝えており、葬儀は家族葬で営む。

 TARAKOさんは、1960年(昭35)12月17日生まれ、群馬県太田市出身。高校生の時に「ルパン三世」に憧れ
アニメ同好会をつくり、卒業後に演技の専門学校に入学。81年に声優デビューし、1983年にはアルバム
「とっておきの瞬間」を発売した。

 ナレーターや世界紀行番組のリポーターとしても活躍。著書に「笑う数ほど福が来る」。

【【訃報】TARAKOさん死去、63歳 ちびまる子ちゃん声優、自殺か】の続きを読む


急性硬膜下血腫とは突然のことだったのでしょうか。まだまだたくさんの作品を楽しみにしていただけると思っていたのでショックです。

1
2024-03-08 12:02

 漫画『ドラゴンボール』作者で知られる漫画家・鳥山明さんが1日に、死去した。68歳。『ドラゴンボール』の公式サイトで8日に発表された。

 鳥山さんは1978年に『ワンダーアイランド』でデビュー。その後、『週刊少年ジャンプ』で『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』などの人気作品を世に送り出してきた。特に1984年に連載をスタートさせた『ドラゴンボール』は世界的な人気となり、アニメ化、実写化などされ、今もなお愛され続けている。

 なお、鳥山さんが『週刊少年ジャンプ』で2000年23号~36・37合併号に短期集中掲載していた漫画『SAND LAND』のゲーム・アニメ新プロジェクトが先日、本格的に発表されたばかりで、新作アニメの配信が今月20日より控えていた。

 下記、公式サイトより全文。

ファン、関係者の皆さまへ
突然のご報告になりますが、
漫画家・鳥山明は2024年3月1日、急性硬膜下血腫により永眠しました。68歳でした。

熱心に取り掛かっていた仕事もたくさんあり、
まだまだ成し遂げたいこともあったはずで、残念でなりません。
ただ、故人は漫画家としていくつもの作品を世に残して参りました。
多くの世界中の方々に支持していただき、45年以上にわたる創作活動を続けることができました。

これからも鳥山明唯一無二の作品世界が、末長く皆様に愛され続けることを切に願います。
生前のご厚誼に深く感謝し、ここに謹んでお知らせいたします。

なお、葬儀は近親者のみにて執り行いました。
静謐を望む本人の意向により、ご弔問・ご香典・ご供物・ご献花その他はご辞退申し上げます。
家族への取材等につきましてもお控えいただけますよう、ここにお願い申し上げます。

今後のお別れの会等については未定ですので、決まり次第お知らせいたします。
何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

2024年3月8日
株式会社バード・スタジオ
株式会社カプセルコーポレーション・トーキョー

https://www.oricon.co.jp/news/2317555/full/

関連記事
『週刊少年ジャンプ』編集部、鳥山明さん訃報に「集英社一同大きな悲しみ」 ゆかりある堀井雄二&尾田栄一郎も追悼
https://www.oricon.co.jp/news/2317556/

★1: 2024/03/08(金) 12:05:41.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1709889268/

【【訃報】マンガ界の巨匠、鳥山明氏が硬膜下血腫で逝去】の続きを読む


ビートブラックの訃報に驚きましたが、素晴らしい生きざまだったと思います。

1
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
12年天皇賞・春覇者ビート** オルフェーヴル破り単勝1万5960円の大波乱演出

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f9b76963dc2a621720234e55362e67ea877ce2d

【【訃報】ビートブラック(17歳)】の続きを読む


小澤征爾さんの訃報に驚きと悲しみを禁じ得ません。彼は世界的な指揮者として活躍し、数々の名演奏を通じて私たちの心を打ちました。

1
【NHKニュース速報】
指揮者の小澤征爾さん死去 88歳 「世界のオザワ」と評され国際的に活躍(19:07)

https://www3.nhk.or.jp/news/

【【訃報】「世界のオザワ」指揮者の小澤征爾さん死去 88歳】の続きを読む


まだ23歳と若く、これからボクシング界で大きな可能性を持っていた選手でした。昨年の壮絶な打ち合いは、彼の栄光の瞬間として記憶に残るでしょう。

1
[ 2024年2月2日 21:06 ]
 日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、昨年12月26日の日本バンタム級タイトル戦後に右硬膜下血腫の緊急開頭手術を受けた穴口一輝選手(真正)が2日午後5時38分に死去したことを発表した。23歳だった。

 穴口は昨年12月26日に井上尚弥(30=大橋)の4団体王座統一戦セミファイナルで行われた「バンタム級モンスタートーナメント」決勝で同級王者の堤聖也(角海老宝石)と対戦。壮絶な打ち合いの末、4度のダウンを奪われ判定負けしていた。

 穴口は都内の病院で経過観察中だったが意識は戻らず、息を引き取った。

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2024/02/02/kiji/20240202s00021000553000c.html

【【訃報】昨年12月に王者と壮絶打ち合い、試合後に緊急開頭手術をした穴口一輝さん死去、23歳 】の続きを読む

このページのトップヘ